ジャガーのコンパクトSUV「E-PACE」が日本上陸|Jaguar

ジャガーのコンパクトSUV「E-PACE」が日本上陸|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar E-Page|ジャガー Eペイス

ジャガーのコンパクトSUV「E-PACE」が日本上陸

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2月22日、コンパクトSUV「E-PACE」を都内で公開し、同日から受注を開始すると発表した。

Text & Photographs by HARA Akira

日本市場にジャストサイズのベイビージャガー

「本日の主役、E-Paceを、私たちはベイビージャガーと呼んでいます」と紹介したのは発表会に登壇したジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長。「それには2つの意味があり、一つはサイズがコンパクトであること。次に、新たに誕生したジャガーであること」。さらに「E-PaceはコンパクトパフォーマンスSUVとして、運転性能と実用性を兼ね備え、日本市場にピッタリです」とした。

E-Paceのボディは全長4,410×全幅1,900×全高1,650mmで、2017年にデビューした同社のSUV「F-PACE」に比べて全長が330mmも短いなど、コンパクトサイズを実現した。ロングホイールベース&ショートオーバーハングのエクステリアは、大型フロントグリルやJブレード形状のLEDヘッドライト、流線型のなめらかなルーフラインや涙滴型のサイドウインドーなど、ピュアスポーツカーの「F-TYPE」からインスピレーションを得たデザインが数多く採用されている。

S_007_jaguar_epace
S_010_jaguar_epace

エンジンラインナップは、最高出力/最大トルクが249ps/365Nmと300ps/400Nmの2種類の2.0リッター4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンターボと、180ps/430Nmの2.0リッター4気筒INGENIUMターボディーゼルを用意。トランスミッションはジャガー初の9段ATを採用した。

前輪と後輪のトルク配分を高度に制御するAWDシステムを全グレードに搭載し、足回りを強化したマクファーソンストラット式フロントサスペンションと、F-PACEゆずりのインテグラルリンク式リアサスペンションとしたことで、ジャガーらしいスポーティなハンドリングを提供するという。

また高性能版ガソリンモデルには、アクティブ ドライブ ラインを標準装備。安定した路面で巡航時には前輪に100パーセント、AWDが必要な条件では瞬時(0.3秒以内)に後輪にトルクを伝達し、グリップレベルに応じて後輪に100パーセントまでトルクを割り当てることで、燃料消費を抑えるとともに安定した走行ができる。また、カーブでリア外側にトルクを配分するトルクベクタリングでヨー レート(回転運動)を発生させ、RWDスポーツカーのような走りが可能になったという。