メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がアップデート|Mercedes-Benz

メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がアップデート|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz GLA|メルセデス・ベンツ GLA

Mercedes-AMG GLA 45 4MATIC|メルセデスAMG GLA 45 4マティック

メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がアップデート

メルセデス・ベンツ日本は、商品改良を施した新型「GLA」を発表した。今回のポイントはフロントとリアのデザインが変更されたほか、GLA 220 4MATICが追加されたことである。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

フロントまわり変更、新規投入グレードも

エクステリアで最初に目につく変更は、他のメルセデスSUVの多くに採用されているパンチドグリルがGLAにも装着されたことだ。また、フロントフォグランプがより強調され、アンダーガードがデザインモチーフとなっているフロントとリアバンパーが、SUVのオフロード特性を主張するデザインに変更された。

さらに、リアコンビネーションランプは新型「Eクラス」にも採用されている“満天の星空の輝き”を想起するクリスタルルックを採用。革新的なリフレクター テクノロジーにより後続車からの視認性を高めるだけでなく、状況によって発光量を調整することで眩惑を防いでいる。

s_008_Mercedes-Benz-GLA
s_013_Mercedes-Benz-GLA

機能面においては、両手がふさがっている際にリアバンパーの下側に足を近づけることでセンサーが感知し、手を使わずにテールゲートを開閉することができるフットトランクオープナーを標準装備。 ボディカラーにはカンバサイトブルー、エルバイトグリーン、キャニオンベージュの3つの新色が追加され、全9色のラインナップとなった。

また、これまでのラインナップに加え、4MATICのエントリーモデルとなるGLA 220 4MATICを新規投入。このエンジンは、2リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを最適化したもので、最高出力184psと最大トルク300Nmを発生する(数値は欧州参考値)。

s_023_Mercedes-Benz-GLA
s_031_Mercedes-Benz-GLA

このモデルについてメルセデス・ベンツ日本で商品企画を担当する廣澤臣哉氏は、「高効率で低回転域からゆとりのあるトルク、そして4MATICがもたらす不整地や悪路でも安定した走行を提供する乗り味を存分に楽しんでもらえるモデルです」と述べ、価格は440万円とした。なお、このGLA 220 4MATICのみ9月以降の発売を予定している。

GLAのトップパフォーマンスモデルとなる、メルセデスAMG「GLA 45 4MATIC」は、エンジンのパワーアップが図られ、これまでの最高出力360ps、最大トルク450Nmから、メルセデスAMG「CLA 45 4MATIC」などと同様の最高出力381ps、最大トルク475Nmとなった。

エクステリアでは、AMGツインルーバーと大型化したエアインテークが特徴的な最新のメルセデスAMGデザインへ刷新。さらに、フロントスプリッターからサイドスカート、4本のフィンを備えたリアディフューザーまでシルバークロームで仕上げており、SUVルックを強調している。

そのほかのラインナップは、前輪駆動のGLA180、上級モデルのGLA250 4MATICとトータル4モデルがラインナップされる。