TMSでスカイアクティブX搭載コンセプトモデルなど公開|MAZDA

TMSでスカイアクティブX搭載コンセプトモデルなど公開|MAZDA

CAR NEWS

MAZDA|マツダ

TMSでスカイアクティブX搭載コンセプトモデルなど公開

マツダは、「スカイアクティブX」搭載のコンセプトカーをはじめとした東京モーターショー2017への出展概要を発表した。

Text by OPENERS

次世代の商品とデザインを提示する2台のコンセプトカー

今回のマツダのショーテーマは、「マツダは『走る歓び』で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供する。」。その中心となるのが、今後導入される次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデル(次世代商品コンセプトモデル)と、次世代デザインの方向性を具現したコンセプトモデル(次世代デザインビジョンモデル)の2台となる。

世界初公開の次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルだ。ガソリンエンジンでの圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めてめどをつけた同社の「SKYACTIV-X(スカイアクティブ-X)」と、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を採用し、全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能を実現したとする。さらに、次世代デザインをコンパクトカーのフォルムに凝縮し、マツダが考える理想的なコンパクトハッチバックを目指したモデルだ。

s_002_mazda_tms

次世代商品コンセプトモデル

s_003_mazda_tms

次世代デザインビジョンモデル

もう1台の次世代デザインビジョンモデルは、2012年の「CX-5」からつづくマツダの「魂動」デザインの表現方法をさらに深化させた、次世代デザインの考え方を具現したモデルになっている。

このほか、今年12月に発売予定の3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」、ダークチェリー色の幌やオーバーン(赤褐色)のナッパレザーインテリアを採用した「ロードスター」の特別仕様車「RED TOP(レッドトップ)」、「ロードスターRF」(手動運転装置付車)、「ロードスターRF」(商品改良車)、「デミオ」特別仕様車の「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」を展示するほか、市販モデルや技術展示として次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」が並べられる。

問い合わせ先

マツダコールセンター

0120-386-919(平日 9:00-17:00、土日祝 9:00-12:00 13:00-17:00)