マツダ新フラッグシップSUV「CX-8」予約開始|MAZDA

マツダ新フラッグシップSUV「CX-8」予約開始|MAZDA

CAR NEWS

Mazda CX-8|マツダCX-8

マツダ新フラッグシップSUV「CX-8」予約開始

マツダは3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の国内予約受注を開始した。12月14日より販売が開始される予定で、価格は319万6,800円から。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

さらに進化した2.2リッターディーゼルエンジンを搭載

マツダの国内モデルでは最上位SUVに位置する「CX-8」。搭載されるエンジンはクリーン ディーゼルエンジンのSKYACTIV-D 2.2をさらに進化させたものだ。少量の燃料を多段かつ高圧で微細噴霧化して噴射することで優れた静粛性と燃焼効率、高い環境性能をすべてかなえる急速多段燃焼を採用。段付きエッグシェイプピストンや、超高応答マルチホールピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボチャージャーなどの新技術により、最高出力を従来の175psから190psに、最大トルクを420Nmから450Nmに向上させた。これにより「CX-5」よりも定員、重量増にも関わらず、十分な走行性能とマツダらしい運転する喜びが確保されているという。

また、CX-8の燃料タンク容量は72リッター(4WDは74リッター)確保されるため、JC08モードより現実に近いとされるWLTCモード燃費が15.8km/ℓであることを踏まえると、1回の満タンで1,137kmもの距離を走ることが可能である。

s_mazda-cx8_004
s_mazda-cx8_003

高い静粛性を実現

CX-8のボディサイズは全長4,900×全幅1,840×全高1,730mmだ。これは日本の道路環境や駐車事情を意識した結果のスペックで、ここから人間工学にもとづき、理想的な運転姿勢を取れる1列目、大柄な乗員でもくつろげる2列目、身長170cmでも無理なく快適に過ごせる3列目の空間が追及された。

2列目シートには、機種により左右分割のキャプテンシート(2種類/6人乗り)とベンチシート(7人乗り)を設定。

s_mazda-cx8_046
s_mazda-cx8_027

荷室容量は、3列目までの定員乗車時にはA型ベビーカー1台やゴルフバッグ2個を積載できる239リッター、3列目シートを倒すと572リッターの空間が生まれる。

静粛性(NVH性能)では、室内天井部やDピラー付近へ吸音材を配置し、すべての乗員が普段の声量で快適に会話が楽しめる静粛性を実現。マツダ商品本部主査の松岡英樹氏は、「CX-8はどこまでも走りたくなる、意のままの走りとともに、上質な乗り心地と静粛性ですべての乗員に快適な移動を提供します。その静粛性は1列目から3列目まで全ての乗員が普段通りの声量でコミュニケーションできる圧倒的な静粛性を実現しました。家族や仲間と過ごす大切な時間。好きな音楽を楽しむ素敵な空間を提供しています」と静粛性の高さを強調した。