レンジローバー第4のモデル「ヴェラール」日本上陸|Range Rover

レンジローバー第4のモデル「ヴェラール」日本上陸|Range Rover

CAR NEWS

Land Rover Range Rover Velar|ランドローバー レンジローバー ヴェラール

レンジローバー第4のモデル「ヴェラール」日本上陸

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバー ブランドのトップラインナップ、レンジローバーシリーズの4つ目のモデル、レンジローバー「ヴェラール」を発表した。価格は699万円から。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

レンジローバー スポーツとイヴォークのあいだに

現在ランドローバーは大きく3つのラインがある。ひとつは前出の「レンジローバー」シリーズ。そして、多用途性を追求した「ディスカバリー」シリーズ。そして、ランドローバーの耐久性やオフロード性能の象徴ともいえる「ディフェンダー」だ。

今回登場したヴェラールは、そのレンジローバーシリーズの中にあり、フラッグシップの「レンジローバー」に続く「レンジローバースポーツ」と、「レンジローバー イヴォーク」のあいだに位置するモデルである。

s_landrover-rangerover-velar_005
s_landrover-rangerover-velar_008

日本に導入されるエンジンは全4種類。まずガソリンは、2リッター直列4気筒が最高出力250ps/最大トルク365Nmと、300ps/400Nmの2機種、そして最高出力380ps、最大トルク450Nmを発生する3リッターV型6気筒スーパーチャージドというラインナップ。ディーゼルは、最高出力180ps、最大トルク430Nmを得る2リッター直列4気筒となる。

4気筒のエンジンは、ジャガー・ランドローバーが設計から生産まで手がけ、生産のために新工場まで建設したインジニウムエンジンで、ガソリン仕様の導入は日本初(ディーゼルは導入済み)となる。

これら4つのエンジンに、「Velar」「Velar S」「Velar SE」「Velar HSE」「Velar Rダイナミック」「Velar Rダイナミック S」「Velar Rダイナミック SE」「Velar Rダイナミック HSE」の8つのグレードを掛け合わせた合計32モデル、さらにV6エンジンの限定モデル「Velar ファーストエディション」を加え、33モデルもの幅広い仕様で展開する。