祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.23 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(前編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.23 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(前編)

祐真朋樹対談

Page. 1

メンズノンノ専属モデルとして活躍中の三宅亮輔さんは、物怖じしない、凛とした立ち振る舞いが印象的だ。どんな洋服もさらりと着こなしてしまう彼のセンスの良さは誌面からも伝わるが、プライベートでは古着を好んで着ているという。そんな三宅さんがリコメンドする都内の古着屋3店舗を祐真朋樹・弊誌編集大魔王とともに巡る。シリーズ第1回目の今回は、三宅さんが古着の世界に足を踏み入れるきっかけとなった、三軒茶屋の「真性洋服屋 NOIR(ノワール)」へ。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiText by ANDO Sara (OPENERS)

メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さんがおすすめする古着屋3選

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 今日はヴィンテージ好きの三宅君がおすすめする古着屋を3店舗一緒に回るのですが、普段はやはり古着ばかり着ているの?

三宅亮輔さん(以下、三宅) はい。古着が大好きなので、時間があればよく古着屋巡りをしています。今回ピックアップしたのは、僕の行きつけのショップの中でも特に好きな3店舗です。

祐真 どんなところが魅力なのでしょうか。

三宅 セレクトされたアイテムがオシャレで味わい深いのはもちろんですが、それぞれのオーナーが魅力的なんです。知識も豊富だし、根底にある人間性が素晴らしいというか……。話をしに行くだけでも価値があるので、どれも何度でも足を運びたくなるお店です。

祐真 なるほど。では参りましょう。

こだわりの一点ものを探すならここ!「真性洋服屋 NOIR(ノワール)」

祐真 さて、三軒茶屋に来ましたが、最初に行くお店は?

三宅 僕の一番のお気に入りのノワールです。古着にハマるきっかけとなったお店です。

祐真 最初は誰と行ったんですか?

702A3877

三宅 三茶に住んでいる友達に連れられて行ったのがそもそもの始まりです。「古着でも見てみよう」ってなって。3年ぐらい前ですかね。その時、店長は感じが悪かったというか尖っていたというか(笑)。ジロジロ見てくるわりに話しかけてはこないんですよ。でも2回目に行った時に親しみやすいスタッフがいたおかげで、それ以来、かなりの時間とお金を費やしているお店になりました。今では店長とは仲良しです。

祐真 なるほど、確かにここのスタイルは面白いですね。ヴィンテージもありつつ、デザイナーズブランドも並んでいて。

三宅 僕は60年代以前の古着が好きなのですが、ここはレアな50年代のアイテムも多いんです。それ以外の商品もどれもクオリティが高くて面白いですよ。

祐真 60年代以降のアイテムには手は出さないの?

三宅 もちろんカッコよければ買いますよ。この前ここで買ったのはペンキが飛び散ったリーバイスのデニム。デザインがカッコよかったので買いました。全てにおいてそうですが、カッコいいかどうかが決め手です。

祐真 古着狂はノワールから始まったのですね。

三宅 はい。それから古着屋はいろいろと見ましたが、やはりノワールが一番落ち着きますね。柔軟なセレクトと世界観にたくさん影響を受けました。古着屋なのにアンティークジュエリーの取り揃えも幅広いですし。数ある古着屋の中でもここまで高い水準でやっているところは少ないと思います。

702A3877
702A3877

祐真 50年代のアメリカの古着をはじめ、ただ古いものを並べるだけではなく、デザイナーズブランド古着も置いているうちに、お客さんがいらなくなったブランド古着を売りに来るようになったというエピソードも面白いですね。お店として売り手にも買い手にもお互いにいい効果がありますね。

Page02. 三宅さんが選んだアイテムをチェック!

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …