祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.25 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(中編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.25 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(中編)

祐真朋樹対談

Page. 1

メンズノンノ専属モデルとして活躍中の三宅亮輔さんは、時間さえあればお気に入りのヴィンテージショップに入り浸るほどの大の古着好き。そんな三宅さんがリコメンドする都内の古着屋3店舗を祐真朋樹・弊誌編集大魔王とともに巡る。シリーズ第2回目の今回は、一流ブランドから個性的な新鋭ブランドまで、感度の高い魅力な品揃えを誇る麻布十番のSTOCKLAB(ストックラボ)へ。

メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(前編)はこちら

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiText by ANDO Sara (OPENERS)

古着やブランド、さらにお酒までを扱う「STOCKLAB(ストックラボ)」

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) ところ変わって麻布十番のストックラボにやってきました。

三宅亮輔さん(以下、三宅) ここは洗練されたセレクトに魅力を感じるお店です。オーナーやバイヤーがチョイスするブランドやアイテムが、僕の感性にぴったり合うんですよ。

04
04

祐真 メンズよりもレディスの比率の方が高いですね。

三宅 そうなんですよ、メンズがもっとあったらいいんですけど。と言いつつ、レディスも試着しますけどね。僕の信念は「洋服は着てなんぼ」です。ヴィンテージでレアだから着るのがもったいないだとか、100万円するデニムだから飾っているだとかそういうのでは意味がないんです。

祐真 コレクターではないということですね。

三宅 その要素はあるかもしれませんが、やっぱり服は着てなんぼ、なんですよね。

祐真 三宅君にとってストックラボの魅力は?

三宅 リサイクルショップを含め、数あるブランド古着屋の中で、ここまで洗練されたセレクトをしているところってほかにないと思うんです。メンズよりレディスの方がはるかに多いので、僕が着られるアイテムがそんなにたくさんあるわけではないけれど、この僕の「着てなんぼ」という概念が覆ってしまうほど、見ているだけで面白い感度の高さも魅力の一つですね。だから来るたびに何時間も滞在してしまうんです。

04

祐真 女子だったらよかったのに、と思うような可愛い商品が多いですね。メンズがもっとあったらいいのにね。

三宅 はい、僕も着られる可愛いのをもっと作って、と常々思っています(笑)。そしてオーナーがいかに洋服が好きか、ということが伝わってくるところも好きです。

祐真 洋服愛、伝わりますね。そこが三宅君に一番響くところですね。

三宅 彼との初対面は飲み屋だったんですよ。飲み屋で服の話ばっかりしているのもそれはそれでどうかなと思ったんですけど(笑)。

祐真 偶然出くわしたの?

三宅 いえ、友達の紹介でした。デニムはリーバイスのこの形しか穿かへんとか、彼は持論があって面白いんです。ストックラボは、数あるブランド古着屋の中でも、突出しているんじゃないかなと思いますね。

Page02. 三宅さんが選んだアイテムをチェック!

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …