祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

祐真朋樹対談

Page. 1

メンズノンノ専属モデルとして活躍中の三宅亮輔さんは、時間さえあればお気に入りのヴィンテージショップに入り浸るほどの大の古着好き。私服の着こなしにも定評がある三宅さんがリコメンドする都内の古着屋3店舗を祐真朋樹・弊誌編集大魔王とともに巡る。シリーズ最終回の今回は、40年代から60年代のヨーロピアンヴィンテージアイテムを取り揃える吉祥寺のzootie(ズーティー)へ。

メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(前編)はこちら
メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(中編)はこちら

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiText by ANDO Sara (OPENERS)

クオリティの高いヴィンテージアイテムが揃う「zootie(ズーティー)」

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) さて、最後は吉祥寺のズーティーにやって来ました。ヨーロッパのムードが可愛いですね。古着屋らしくないお店ですね。

05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)
05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

三宅亮輔さん(以下、三宅) ここの魅力は、まずオーナーが洒落ているということですね。奥様のセンスも素晴らしいんですよ。彼らのセンス、感性、感覚すべてがお店に反映されて、ズーティーの世界観を作り上げているんです。置いてあるアイテム一点一点すべてがカッコいいのですが、着せ込まれているマネキンがとにかく可愛いんです。コーディネートが可愛いと何度もお店に通いたくなります。

1950年代イタリア製ポニースキンのブルゾン 3万6720円(税込)

05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)
05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

祐真 きれいなハラコのブルゾンですね。

三宅 ハラコとかアニマルファーに目がなくて。これはジップアップのディテールがカッコよくて好きです。

祐真 ジップアップした時の細身のシルエットがいいですね。

三宅 ニットのコンビネーションもめずらしくないですか。ヴィンテージの素敵なところは、ほかにないデザインだと思います。

祐真 このブルゾンに関しては質がいいこともありますね。ハラコ部分の色むらも味があっていいですね。

三宅 グラデーションになっているところもまたカッコいい。着込むことで味わい深くなっていくと思います。


1960年代フランス海軍のピーコート4万5360円(税込)

05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)
05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

祐真 これは60年代のものだそうですが、あなたの大好きな金ボタンですね。

三宅 赤も映えて可愛いと思います。マリンな襟元の刺繍も好きです。

祐真 着やすそうですね。サイズが少し大きめですが、いけますね。

三宅 ピーコートの襟は立てたいんですよ。

祐真 こだわりますね。

三宅 生地の目が詰まっているところも好きです。今ってこういう素材、なかなかないと思うので。


1960年代フランス製ブルーのワークジャケット 1万5984円(税込)

05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)
05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

祐真 ポケットが3つついていますね。

三宅 同じポケットが前見頃に3つ、というのがめずらしくて。実は、これと同じジャケットを友達が着ていたのがカッコよかったんです。

祐真 ズーティーを知るきっかけとなった一着というわけですね。色がきれいで、とても似合いますよ。じゃっかんサイズが大きいけど、ルーズな感じが太いパンツに合ってます。スカーフを合わせたところもいいですね。

三宅 僕が最近スカーフをよく巻いているのは、ここの影響が大きいですね。このスカーフもジャケットと一緒にマネキンに着せてあったので、そのまま着てみました。とにかく、ズーティーはマネキンのコーディネートが可愛いんです。


1940年代イギリス製ハンティングベスト
グリーンチェック 1万9980円、イエローチェック 1万9224円、ワインチェック 1万9980円(すべて税込)

05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)
05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)
05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)
05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

祐真 この中でどれが一番好きですか?

三宅 選ぼうと思ったけど選べませんでした。それぞれ良さがあってそれぞれ好きです。

祐真 ではこの黄色のチェックのベストは?

三宅 何度も言いますが、大好きな金ボタンがいいですね。黄色に対して赤とグリーンが効いています。ヴィンテージは、細部のディテールにぐっとくるんです。緑のチョッキのボタンはきつねですし。これはハンティング用ですね。

祐真 あなたはチョッキと言いますが。ベストが好きなんですね。どういうところが好きなんですか。

三宅 はい。チョッキはスカーフのようだと思っていて……。

祐真 と言いますと?

三宅 僕にとってチョッキを着るのはスカーフを巻く感覚に近いんです。


1960年代イギリス製リング すべて6264円(税込)

祐真 新古品が多いそうですが、どれもモノがいいですね。そしてまた派手なのを選びましたね。

三宅 ギラギラ系が好きなんですよ。光に反射して光るのが。

祐真 レディスかと思いきやしっくりきますね。

三宅 オーナーはスカーフリングとしての提案だったらしいんです。だから僕が指につけて帰ったので驚いていました。やるじゃん!と思ってくれたようで、そこから仲良くなりました。

05祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.26 メンズノンノ専属モデル 三宅亮輔さん(後編)

祐真 なるほど。あなたにとってはリアルリングだったんですね。

三宅 もともと意味のあるリングが好きなんです。僕がしているものもそれぞれに意味があるので、基本的にはつけっぱなしですね。

祐真 インディアンジュエリーのような感じですか。

三宅 はい。ヘビは脱皮するから進化、クマは強さ、手は優しさ、など。だからどんなファッションでも意味系リングは外せないんです。実は前も蝶のリングをしていたのですが、なくしてしまって。蝶の意味は調べても特になくて、勝手に“幸せを運んでくれる”と決めて気に入っていたので、落ち込みました。でも不幸を持って飛んで行ったと考えたら救われましたね。だから幸せをまた届けてもらおうと思って。

祐真 意味系リング。独特で面白いですね。

三宅 こういうキラキラ系リングが好きだと、ほかに同じようなものをはめてる人がいないところもいいんです。

Page02. 植田茂夫・ズーティーオーナーに聞く

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]