レクサスのフラッグシップクーペ 「LC」に横浜で試乗|LEXUS

レクサスのフラッグシップクーペ 「LC」に横浜で試乗|LEXUS

LC500h “L package”

CAR IMPRESSION

LEXUS LC500|レクサス LC500

LEXUS LC500h|レクサス LC500h

「天下無敵!」のラグジュアリークーペ

3月16日の発売からほぼ1ヵ月で約1,800台を受注するなど、1,000万円オーバーのクーペモデルとしては極めて高い人気となっているレクサスのフラッグシップモデル「LC」海外での試乗につづき、このたび右ハンドル仕様を横浜でテストドライブをする機会を得た。

Photographs by ARAKAWA MasayukiText by IMAO Naoki

ポルシェ「718ケイマン」並みに速い

パシフィコ横浜から一般道を数分走り、首都高速横羽線に「みなとみらい」から上がって大黒ふ頭を目指す。割り当てられた時間は限られている。料金所のゲートをくぐると、全開! フロント・ミドに搭載される5リッターV8が打楽器系のビートの効いた咆哮をあげる。タコメーターの針がレヴリミットの7,500rpmを目指して一気に駆け上がる。

軽い。車重は、乗員2人の体重を足せば、2トンを超えているというのに、ごく軽いものを操っている感覚がある。とりわけ最初のひと踏みは衝撃だ。脳が予測した感覚をレクサス「LC500」は軽々と上回る! だからこそ、ものすごく軽く感じるのだ。

最高出力477ps/7,100rpm、最大トルク540Nm/4,800rpmを発生する5リッターV8エンジンに特段の改良が加えられたわけではない。出力もトルクも、「GS F」「RC F」用と基本的には変わらない。なにしろ2UR-GSEという型式が同じなのだ。大きく異なるのはトランスミッションである。8段から乗用車用としては世界初の10段へと、いっそう多段化した。10段オートマチック! こんな時代がくるなんて。

s_01
s_02

多段化によるクロスステップと世界最速レベルの変速が走りのリズムをつくり出す。トルクコンバーター、いわゆるトルコンが働くのは最初の発進時のみで、あとは電磁クラッチによってシフトしていくからダイレクト感もある。「ドライブモードセレクト」を最もスポーティな「Sport S+」に設定し、自然吸気V8の能力を、サウンドも含めてあますことなく引き出す。途切れることのない加速に、レクサスV8の咆哮がBGMで重なり、ドライバーは映画のクライマックスシーンを見ているようなドキドキ感をおぼえる。

スロットルを床まで踏み続けると、LC500はアッという間にリミッターが作動する速度域へと突入する。物理的にはなんのためらいもない。0-100㎞/h加速は4.7秒。ピュアスポーツカー、ポルシェ「718ケイマン」並みに速い。その際、つまりフルスロットル時のLC500のドラマチックな加速に陶然する。と同時に、その安定感に感嘆する。これはいいクルマだ! と思わずつぶやく。

しかれども、公道において暴走行為は許されない。ブレーキである。ブレーキ! ああ、その制動時のLC500の姿勢のなんと美しいことか。ただ右足を左のペダルに乗せ替え、そこにあるペダルを踏み込んだだけで、前後左右の4輪がそれぞれ等しくアスファルトに吸着するようにして減速Gが現れる。後ろに引っ張られる。身体全体が沈んでいく。その感覚のなんと心地よいことか。これはいいクルマである! おそらくレクサス(トヨタ)史上ベストの。