レクサスの新フラッグシップクーペ「LC」試乗(前篇)|Lexus

レクサスの新フラッグシップクーペ「LC」試乗(前篇)|Lexus

CAR IMPRESSION

Lexus LC|レクサス LC

日本ならではの価値観をもつクーペ

レクサスの新フラッグシップクーペ「LC」試乗(前篇)

2016年のデトロイトモーターショーにてワールドプレミアを果たし、つい先ごろ日本でも発売されたばかりのレクサス「LC」。2012年のコンセプトカー「LF-LC」をほぼ踏襲したデザインの下に、新開発のプラットフォームやハイブリッド機構を備えたラグジュアリークーペだ。早くもそのLCに、ハワイにて試乗する機会を得た。前篇では、開発者のコメントを交えてその素性を解き明かす。

⇒後篇はこちら

Text by YAMAGUCHI Koichi

LCはクーペかスポーツカーか

ハワイ島の空の玄関口、コナ国際空港からクルマで移動すること約15分。ビーチに面した絶景のリゾートホテルに到着すると、エントランスに真新しいクーペが佇んでいた。極めて低くワイドなフォルムが印象的なそれは、ライフスタイル ブランドとして新たなステージを目指すレクサスが、その象徴としてリリースしたラグジュアリークーペ「LC」である。日本でのローンチを約1ヵ月後にひかえた2月上旬、同モデルのライフスタイル メディア向け試乗会が、常夏の楽園で開催されたのだ。

「レクサスがよりエモーショナルなブランドになるために、ユーザーの感性に訴えるデザインと走りを備えた、ブランドを象徴するフラッグシップ クーペが必要だったのです」。プレスカンファレンスの席でチーフエンジニアの佐藤恒治氏は、LCを開発した理由についてそう説明してくれた。

Lexus LC|レクサス LC
Lexus LC|レクサス LC

フラッグシップ クーペといえば、レクサスにはかつて「LFA」がラインナップされていた。しかし、同車はカーボン モノコック ボディにV10エンジンを搭載したスーパースポーツであり、わずか500台の限定モデル。いわばアドバルーン的な存在であった感は否めない。欧州の競合ブランドと渡り合うには、ブランドイメージを牽引するラグジュアリーなクーペをカタログモデルとして展開することが必要だと考えたのだろう。

「クーペかスポーツカーかといえば、クーペだと言えます。もちろん、パフォーマンスはスポーツカーそのものですが、たとえばユーザーがLCでニュルブルクリンクを走るのは、私たちの世界観にはありませんでした」

同車はスポーツカーなのか、クーペなのかという筆者の質問に対し、レクサスインターナショナル エグゼクティブ バイスプレジデント澤良宏氏はそう答えた。このことからもLCがLFAとは似て非なる存在であることが分かる。サーキットのラップタイムに象徴される絶対的な“速さ”にではなく、このクルマがオーナーのライフスタイルに何をもたらすかということに、LCの真価が問われているのである。

そう考えれば、スポーツカーとしてはやや大ぶりな全長4,770×全幅1,920×全高1,345mmというボディサイズも、より広く伸びやかで、グラマラスなスタイリングを実現するために導きだされた結果なのだと理解できる。