レクサスの新フラッグシップクーペ「LC」試乗(後篇)|Lexus

レクサスの新フラッグシップクーペ「LC」試乗(後篇)|Lexus

CAR IMPRESSION

Lexus LC|レクサス LC

日本ならではの価値観をもつクーペ

レクサスの新フラッグシップクーペ「LC」試乗(後篇)

2016年のデトロイトモーターショーにてワールドプレミアを果たし、つい先ごろ日本でも発売されたばかりのレクサス「LC」。2012年のコンセプトカー「LF-LC」をほぼ踏襲したデザインの下に、新開発のプラットフォームやハイブリッド機構を備えたラグジュアリークーペだ。早くもそのLCに、ハワイにて試乗する機会を得た。後篇では実際にハンドルを握り、その走りを確かめる。

⇒前篇はこちら

Text by YAMAGUCHI Koichi

高い内装のクオリティ

ハワイ島に上陸した翌日の朝、いよいよ我々プレス陣にLCのステアリングが委ねられた。ドライバーズシートに収まってまず感じるのは、コクピットと形容したくなる心地のいい包まれ感だ。ドライビングポジションも極めて自然で、シートの形状や着座位置といい、ステアリング ホイールのグリップ感や傾角といい、ABペダルの配置といい、誂えたスーツのように一分の隙もなく身体になじむ感覚なのだ。

コンパクトなメーターナセルのセンターにバーチャルな回転計が鎮座し、その中に速度がデジタル表示されるTFT式液晶メーターは視認性に優れ、大型マグネシウム合金製パドルシフトの操作性も高い。まさにクルマとの一体感を感じながらドライビングを堪能するにふさわしい空間デザインとなっている。

Lexus LC|レクサス LC
Lexus LC|レクサス LC

さらに印象的だったのは、インテリアの隅々にまで横溢するクオリティ感だ。インストルメント パネルやセンター コンソールからシートやドアパネルまで、上質なレザーやアルカンターラで貼り尽くされ、クラフツマンシップを感じさせる精妙なステッチがアクセントを添える。

ドアパネルを覆うアルカンターラの彫りの深いドレープといい、スイッチ類の精緻な操作感といい、決して華美ではないが、繊細な日本の美意識が感じられるラグジュアリーな空間に仕上げられているのだ。LCのドライバーズシートにおさまれば、誰しもがレクサスのクルマ作りが新しいステージに入ったことを、インテリアからも感じとれるだろう。

ちなみに、内外装をはじめ高い品質を誇るLCの生産にあたっては、かつてLFAも作られていた元町工場に専用の組み立てラインを新設。匠の技術を持つ専任スタッフにより生産されるのだという。