2WDのウラカン「LP580-2」を鈴鹿サーキットで試す|Lamborghini

2WDのウラカン「LP580-2」を鈴鹿サーキットで試す|Lamborghini

CAR IMPRESSION

Lamborghini Huracan LP580-2|ランボルギーニ ウラカン LP580-2

掛け替えのない価値を持ったスーパースポーツカー

2WDのウラカン「LP580-2」を鈴鹿サーキットで試す

ランボルギーニ「ウラカン」の2WDモデル「LP580-2」に、大谷達也氏が試乗した。ウラカンの主力モデル「610-4」が4WDであるのに対し、敢えて後輪駆動としたこのクルマは、雨の鈴鹿サーキットでどのようなキャラクターを見せるのか。

Text by OTANI Tatsuya

RWDは4WDの廉価版ではない

今日は鈴鹿サーキットのフルコースでランボルギーニの最新鋭モデル、ランボルギーニ「ウラカン LP580-2」の試乗会が行われるというのに、昨夜からの雨で路面はまだぐっしょりと濡れたまま。すでに終わった一本目の走行でも、濡れた路面でリアが滑り始めると即座にスタビリティ コントロールが介入してくるため、テールアウトの姿勢をとっていられるのは本当に一瞬でしかない。

オーストラリアのフィリップアイランド・サーキットで体験した、後輪駆動の高いコントロール性を駆使してテールアウトの態勢を自在にコントロールするというドライビングはまるで楽しめない。なかなか乾かない鈴鹿の路面を、私は恨めしい思いで見つめていた。

Lamborghini Huracan LP580-2|ランボルギーニ ウラカン LP580-2
Lamborghini Huracan LP580-2|ランボルギーニ ウラカン LP580-2

ウラカン LP580-2は、先にデビューした4WD仕様の「ウラカン LP610-4」から前輪を駆動するメカニズムを取り外し、エンジンパワーを610psから580psに30ps落としたモデル。

もっとも、両者の違いはそれだけに留まらない。そもそも4WDを後輪駆動に改めただけならば、600ps近いパワーを路面に的確に伝達できないフラストレーションが募るばかりで、ドライビングを楽しむどころではなくなるはず。つまり、4WDの優れたトラクション性能に代わるなんらかの新機軸がなければ、LP580-2はLP610-4の単なる廉価版でしかなくなってしまうのだ。

ランボルギーニ自身も、その危険性は十分に承知していたらしい。そこでドライビングの新たな楽しみを創出するとともに、RWD化に伴う性能の低下を最小限に留めることで、4WD版に優るとも劣らない魅力的なRWDウラカンを作りだそうとしたのである。

では、具体的にどのような手法を用いたのか?