ランボルギーニ ウラカン国内初試乗|Lamborghini

ランボルギーニ  ウラカン国内初試乗|Lamborghini

CAR

Lamborghini Huracan LP610-4|ランボルギーニ ウラカン LP610-4
次の50年に向けての、ランボルギーニのあらたな方向性

ランボルギーニ ウラカン国内初試乗

今年3月、ジュネーブモーターショーでデビューを飾った「ウラカン」が、はやくも日本上陸を果たした。ランボルギーニ史上最高のセールスを記録した「ガヤルド」の後継として、10年振りに登場したニューモデルを今回、西川 淳氏がテストドライブ。長年に渡り同社の活動を取材し続けてきた氏にとって、新世代ベイビーランボはどう映ったか。ランボルギーニオーナーならではの視点で、ウラカンを斬る。

Text by NISHIKAWA JunPhotographs by NAITO Takahito

ガヤルドよりギュッと凝縮してみえる

ランボルギーニの新型主力モデル「ウラカン」がついに上陸、日本のナンバープレートを付けて走り出した。

ヨーロッパですでに400キロ以上を試し済みの筆者であっても、ランボルギーニの新型車を日本で改めて試すという機会には、いつもワクワクしてしまうもの。“乗り慣れた道”を走ってみることで、あらたな発見もあるはず……。

試乗車はグリジオ・リンクスというガンメタリック系ボディカラーで、インテリアコーデをブラウンとブラックのバイカラーとした、渋めの仕様だった。個人的な意見だけれども、イマドキのスーパーカーには、落ち着いたカラーコーデの方が似合うとおもう。

丸い形と色めの影響もあるだろうか。日本の路上で見ても、さほど大きくは思えない。しっかりとした直線の枠組みをもつガヤルドより、わずかに全長と全幅が増しているにもかかわらず、ギュッと凝縮してみえる。全高はおなじながら、さらに平べったい印象だ。

ロックを解除すると、ドアノブバーが飛び出た。それを握りしめてドアを開けるわけだが、初めて見る人はけっこう驚く。スーパーカーらしい演出。

327_24_lamborghini_huracan