アヴェンタドールにサーキットで試乗|Lamborghini

アヴェンタドールにサーキットで試乗|Lamborghini

CAR

Lamborghini Aventador LP 700-4|

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4

文句なし! 究極のスーパーカー

アヴェンタドールをサーキットで試乗!

元レーサーで本格レースゲームのアドバイザリースタッフでもある大井貴之氏が、ランボルギーニのフラグシップ「アヴェンタドール」に試乗。場所は袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ。0-100km/h加速2.9秒、最高速度350km/hという猛牛は、サーキット上で高速走行するとどのような本性をあらわすのか。

Text by OHI Takashi
Photographs by ARAKAWA Masayuki

三種の神器を備える

2001年にデビューし、10年ものあいだランボルギーニのフラッグシップとして存在した「ムルシエラゴ」がフルモデルチェンジ! 「アヴェンタドール」としてデビューし、ついに上陸した。全長が200mm伸びて、幅は15mm細くなっているボディサイズは、乗用車的には大きなサイズ変更だが、このクルマのオーナーにとってはたいした問題ではないだろう。斬新なデザイン、12気筒エンジン、跳ね上げ式のドアというランボルギーニのフラッグシップに必要な三種の神器をそなえたスーパーカーの登場である。

アウディと手を組んでからのランボルギーニは、まず最初に「ディアブロ」の後継となる「ムルシエラゴ」をリリース。しかし、それは既存のモデルにアウディが手をくわえたものであり、実質的な第1作目は「ガヤルド」。アウディ・クオリティで生まれてきたこの「ガヤルド」というスーパースポーツカーは、クルマの出来を性能の限界を引き出して評価するレーシングドライバー的なオレとしても歓迎すべきモデルだった。

しかもそれが、サイズ的にも、メカニズム的にも、日常的に使えるフレキシビリティを備えているとあれば、もう夢のスポーツカーとしか言いようがない。ランボルギーニはじまって以来という「ガヤルド」の販売台数が、その完成度の高さをあらわしているとおもうが、子供のころ、DNAに組み込まれた『サーキットの狼』スピリッツは、どうしても「ガヤルド」を“ランボルギーニ”としてではなく、“アウディ“のフォルダにソートしようとする。

「ガヤルド」には「ミウラ」、「カウンタック」、「ディアブロ」と、つねにスーパーカーの王者として君臨してきたランボルギーニらしい、良い意味でのハチャメチャさが足りないと感じる時があり、それはドイツのテクノロジーが注入されたからには仕方のないことかと考えていたが、「アヴェンタドール」は文句なし。仕事抜きでとにかく乗ってみたい! と強く感じたクルマは久しぶりだ。