フェラーリの極東エリア責任者にインタビュー|Ferrari

フェラーリの極東エリア責任者にインタビュー|Ferrari

CAR FEATURES

Ferrari|フェラーリ

フェラーリ極東エリア統括CEO、ディーター・クネヒテル氏にインタビュー

次の世代のフェラーリオーナーを開拓したい

年に1度のフェラーリ オーナーとファンのためのイベント「フェラーリ・レーシング・デイズ」。今年も3月5日、6日の2日間にわたって、鈴鹿サーキットを舞台に開催された。フェラーリにおける極東エリアの総責任者、ディーター・クネヒテル氏に、会場で話を聞いた。

Text by OPENERS

FXX Kが日本に初上陸

3月はじめのある週末、鈴鹿サーキットに甲高いエキゾーストノートが響きわたった。明らかに12気筒とわかるそのサウンドの持ち主は、フェラーリ「FXX K」。フェラーリのスペチアーレモデル、「ラ フェラーリ」をベースに開発された、最高出力1,050psを誇るサーキット専用車が、日本に初上陸し鈴鹿サーキットを駆け抜けた。

フェラーリオーナーとファンのための日本最大級のサーキットイベントとして毎年開催されている「フェラーリ・レーシング・デイズ(以下FRD)」。昨年の富士スピードウェイから鈴鹿サーキットに舞台を移して行われた今年は、週末の2日間で1万人以上のフェラーリファンと、500人以上のフェラーリオーナー、そして前述のFXX KやかつてのF1マシンをはじめ、数百台のフェラーリが鈴鹿サーキットに集結した。

フェラーリ・レーシング・デイズ2016
フェラーリ・レーシング・デイズ2016

さらに、メインイベントとなるフェラーリ公認ワンメイクレース「フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック」も2016年シリーズ開幕戦として開催。国内外より過去最高となる35名の“フェラーリ乗り”が参戦し、伝統のグランプリコースで表彰台のセンターを目指し熱戦を繰り広げた。

「今回、フェラーリ・レーシング・デイズを鈴鹿サーキットで行ったのは非常に意味のあることなのです」

そう語るのは、フェラーリ極東エリア統括CEO、ディーター・クネヒテル氏だ。拠点となるシンガポールから鈴鹿サーキットに駆けつけた氏に、会場で話を聞いた。