フェラーリ、4人乗り4WDモデル「GTC4ルッソ」を発表|Ferrari

フェラーリ、4人乗り4WDモデル「GTC4ルッソ」を発表|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari GTC4Lusso |フェラーリ GTC4ルッソ

過去のビッグネームが復活

フェラーリ、4人乗り4WDモデル「GTC4ルッソ」を発表

フェラーリ初の4WDモデル、「フェラーリ フォー(FF)」がマイナーチェンジを実施すると同時に、新たに「GTC4Lusso(ルッソ)」のネーミングでジュネーブモーターショーに登場した。「FF」のデビューからちょうど5年、大きく進化したエクステリデザインと、ルッソというネーミングに隠された意味を読み解く。

Text by SAKURAI Kenichi

フェラーリ フォー(FF)をマイナーチェンジ

従来の「FF(フェラーリ フォー)」というネーミングから一転、新たに「GTC4Lusso(ルッソ)」へと機能やデザイン、そして車名も進化したフェラーリ初の4WD本格グランツーリズモ。現在開催中のジュネーブモーターショーでのワールドプレミアに先駆けること半月前、2月16日にイタリアはコモ湖ヴィラ・エルバで世界中から集まったフェラーリのVIP顧客にお披露目された。

プロダクション的な話をすれば、先にも紹介したように「GTC4ルッソ」は、あくまでも「FF」のマイナーチェンジ版である。しかしモデルライフのちょうど半分のマイナーチェンジ時に大幅な機能向上と車名変更を伝統として掲げるフェラーリはこのモデルに歴史的なビッグネームを与えた。

Ferrari GTC4Lusso |フェラーリ GTC4ルッソ
Ferrari GTC4Lusso |フェラーリ GTC4ルッソ

マイナーチェンジやフルモデルチェンジと同時に車名変更を行う例でいえば、「カリフォルニア」が「カリフォルニアT」に変わったような小規模なものから、ミッドシップV8の「360モデナ」が「F430」に、さらには「458イタリア」が「488GTB」に、「599 GTB フィオラノ(日本名は登録商標の関係で“599”の数字のみ)」が「F12ベルリネッタ」になったように、まるで新型モデルに生まれ変わったかのような大幅変更の例も少なくはない。

今回採用されたGTC4ルッソの車名トップに位置する“GTC”は、フェラーリが1960〜70年代に送り出した一連のラグジュアリーGTに名付けられた「GTC」という名称の復活でもある。フェラーリファンであれば、特にその中でも1971年からわずか1年のみ生産されたV12モデル「365GTC4」を思い起こさずにはいられないだろう。365GTC4の「GT」は、その名のとおりグランツーリズモの頭文字で、それに続く「C」はクーペを、「4」は4シーターを意味するというのが、かつての「365GTC4」における車名の解釈だ。近年は主にコンペティツィオーネ(Competizione)の意味に使われてきた「C」の車名ではあるが、今回は過去市販車に採用されたネーミングルールの基本に戻り、1960年代に登場した一連のGTCの名を受け継ぐものとされた。