サーキット専用モデルFXX Kを公開|Ferrari

サーキット専用モデルFXX Kを公開

CAR NEWS

Ferrai FXX K|フェラーリ FXX K

サーキット専用モデルFXX Kを公開

フェラーリは、限られた顧客のためのサーキット専用モデル「FXX K」を、12月5日にアラブ首長国連邦のアブダビにあるヤス・マリーナ・サーキットで全世界初公開する。FXX Kの基本ボディデザインやメカニズムなどはスペチアーレモデル「ラ フェラーリ」がベースであるものの、最高出力を772kW(1,050ps)、最大トルク900Nm(91.8kgm)に向上させた専用ドライブトレーンを採用。独自のR&Dプログラムをもちい、ユーザーはフェラーリ社のテストドライバーとしてこのマシンをドライブすることになる。

Text by SAKURAI Kenichi

フェラーリの開発に携わる、FXXプログラム専用マシン

フェラーリがサーキット専用モデル「FXX」を発表したのは2005年。アメリカ・カリフォルニア州のモントレーで開催された、ペブルビーチ・コンクールデレガンスの会場で限られた顧客にのみ公開された。ベースは当時の最高峰、スペチアーレとして限定発売された「エンツォ フェラーリ」である。画期的だったのは、単にサーキット専用車両(公道走行は不可)として、歴代No.1となるハイパフォーマンスカーを販売するのではなく、「FXX プログラム」と名付けられた新たな顧客サービスの一環としてこのクルマが用いられることであった。

オーナーがFXXをサーキットで走らせたい場合、イタリアにあるフェラーリの「コルサクリエンティ」部門から専門のサービスチーム(または認可された各国のサービススタッフの場合もあるという)が直接そのサーキットまで派遣され、まるでF1のピットクルー並みのサポートを実施。それは車両のメンテナンスはもちろん、サーキットでのアメニティまで含まれ、同時に走行時にはさまざまなデータ取りもおこなう。このデータは、フェラーリの本社に送られ、車両開発の参考になるのである。

Ferrai FXX K|フェラーリ FXX K
Ferrai FXX K|フェラーリ FXX K

つまり、「FXX プログラム」とは、オーナーがフェラーリの開発テストドライバーの一翼を担い、FXXを走らせるすべてのエクスペリエンスを総称したもので、そこで使用されるマシンがFXXだったというわけだ。当時この「FXX プログラム」に必要とされた費用は150万ユーロと発表され、その金額にはマシンと各種メンテナンス費が含まれていた。

このFXX プログラムの後を受けてスタートしたのが、当時のフラッグシップモデル「599」をベースに開発されたサーキット専用車「599XX」を使用した「599XX プログラム」。599XXは2009年のジュネーブ モーターショーで発表された。こちらもFXX プログラムと同様に、オーナーはフェラーリの開発ドライバーとして位置づけられ、サーキット走行時には、同様のサポートが標準装備された。