ジュネーブを沸かせた2台の猛牛|Lamborghini

ジュネーブを沸かせた2台の猛牛|Lamborghini

CAR NEWS

Lamborghini Centenario|ランボルギーニ チェンテナリオ

Lamborghini Huracan LP 610-4 Avio|ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ

ジュネーブを沸かせた2台の猛牛|Lamborghini

ジュネーブ モーターショーにおいて、エキサイティングな2台のランボルギーニがワールドプレミアされた。1台は、ランボルギーニの創設者であるフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念したV12ミッドシップの特別限定車「チェンテナリオ」、そしてもう1台が戦闘機から着想を得たという「ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ」である。

Text by SAKURAI Kenichi

限定40台のハードコアモデル

多くのニューモデルが出揃った今年のジュネーブ モーターショーの中でも、もっともギャラリーを集めたホットなブースとなったのが、ランボルギーニである。今年は創設者であるフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年であり、また11年にわたって同社を率い、販売台数を倍以上に押し上げたステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOが勇退するということもあり、これまで以上にエネルギッシュであったように感じる。

さてそのランボルギーニブースに置かれた2台のワールドプレミアモデルは、いかにもランボルギーニというアグレッシブなものだった。最初に注目すべき1台は、そのフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念するスペチアーレの「チェンテナリオ」だ。

Lamborghini Centenario|ランボルギーニ チェンテナリオ
s_lamborghini-centenario_018

まったくの新型車として登場した、イタリア風にいえばスペチアーレと呼ばれるチェンテナリオは、クーペが20台、ロードスターが同じく20台の計40台のみの限定生産になる。価格は175万ユーロ(邦貨約2億1600万円)。そうした高額なプライスにもかかわらず、すでにその40台すべてにオーナーが付いており、発表と同時に完売しているというのもニュースである。

まったくの白紙から描かれたチェンテナリオのエクステリアデザインは、同じV12エンジンをミッドシップするフラッグシップモデル「アヴェンタドール」をさらに進化させたようないかにもランボルギーニらしいウェッジシェイプのフォルムを持っている。既存モデルからの外装パーツにほぼ流用はない。

V12エンジン搭載モデルの伝統でもあるシザーズドア(上方にポップするドア)を採用するそのボディ外観をみても分かるように、アウタースキンは軽量なカーボンファイバーに覆われ、シャシーもランボルギーニではすでにお馴染みのカーボンのモノコックタブを採用。さらにシートシェルやインテリアトリムもすべてカーボンファイバー製と徹底している。よって車重はわずか1,520kgと、V12エンジンを搭載するこのクラスのスーパーカーとしては望外な超軽量モデルに仕上げられている。