488 スパイダー、早くもジャパンプレミア|Ferrari

488 スパイダー、早くもジャパンプレミア|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari 488 Spider|フェラーリ 488 スパイダー

フェラーリ 488 スパイダー、早くもジャパンプレミア

フェラーリ・ジャパンは10月23日、横浜の大さん橋ホールを会場に「488 スパイダー」のジャパンプレミアを開催した。488 スパイダーは、先のフランクフルト モーターショーで一般公開されたV8ミッドシップの最新モデル。今年3月に開催されたジュネーブ モーターショーでワールドプレミアされた「488 GTB」のオープン版であり、デビューからわずか約1ヵ月の早さで日本上陸を果たしたことになる。

Text by SAKURAI Kenichi

クーペとオープン、ふたつのスタイル

フェラーリ「488 スパイダー」は、今年3月のジュネーブ モーターショーで発表されたベルリネッタ(クーペ)、「488 GTB」のオープン仕様となるモデルだ。これまでであれば、ベルリネッタの登場から2、3年後にオープンモデルを追加するのがフェラーリでは一般的だった。かつてないスピードでクーペにつづきオープンモデルを発表したのにはふたつ理由がある。

ひとつは、ボディやシャシーのデザイン、ボディ構造の解析から、衝突実験、風洞実験(空力特性の熟成)にいたるまでを、いまではどのメーカーでも当たり前となったデジタル技術を駆使した開発によっておこない、従来よりも大幅に開発時間が短縮できているからだ。実際488 スパイダーも、開発はクーペの488GTBとほぼ同時であったという。数々のシミュレーションをバーチャルでおこなうことによって得られた時間や予算の節約など、開発上のメリットはじつに大きい。もちろん、これはフェラーリだけにかぎった話ではない。

Ferrari 488 Spider|フェラーリ 488 スパイダー

Ferrari 488Spider(2015)

Ferrari 308GTS|フェラーリ 308GTS

Ferrari 308GTS(1977)

そしてもうひとつ。それは、ライバル、ランボルギーニの存在だ。先のフランクフルト ショーで488スパイダーは、ランボルギーニの新型オープンモデル、「ウラカン LP610-4 スパイダー」と期せずして同日のワールドプレミアスケジュールとなった。この両モデルはミッドシップスーパーカーの好敵手であり、世界の市場人気を二分する双璧でもある。ライバルに先駆け「世界でもトップクラスに位置する重要な市場」とフェラーリ・ジャパン代表取締役社長リノ デパオリ氏がいう日本で、いち早くその詳細を公開することはマーケティング戦略のうえでも欠かせないプランだったと想像することはたやすい。

10月23日、横浜は大さん橋ホールを会場に、「308 GTS」から先代「458 Spider」まで、約40年にわたる同社のオープンエアドライビングを支えてきた歴代のV8ミッドシップオープンモデルが並ぶなか、新色である「ブルー コルサ」のボディカラーを採用した488 スパイダーが日本で披露された。

488 スパイダーのジャパンプレミアには、先のフェラーリ・ジャパン代表取締役社長リノ・デパオリ氏のほか、フェラーリ極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席。「史上もっともパワフルな性能をもつV8ミッドシップマシンの極上なドライビングと、オープンエアモータリングを楽しんでもらう。それが488 スパイダーの開発コンセプトであり魅力。オープントップを開けてダイレクトなエンジンサウンドを楽しめるほか、2名乗車時にじゅうぶんな室内の快適性と実用性も兼ね備えています」と説明した。