進化した新型7シリーズに迫る 前篇|BMW

進化した新型7シリーズに迫る 前篇|BMW

CAR NEWS

BMW 7 Series|BMW 7シリーズ

最先端技術のショーケース

進化した新型7シリーズに迫る 前篇

現地時間6月10日に開催されたワールドプレミア直後、BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」のフルモデルチェンジにかんする第一報をお届けしたが、ここでは6年ぶりにおこなわれたフルモデルチェンジによって、モデル型式F01/F02からG11/G12へと進化した新型「7シリーズ」のすべてをより詳細にお届けする。1977年に初代モデルが登場していらい、40年近くBMWのフラッグシップモデルとして君臨してきた7シリーズに、BMWは果たしてどんな最先端テクノロジーを与えたのか。

進化した新型7シリーズに迫る 後篇

Text by SAKURAI Kenichi

型式がFからGに進化

今回のフルモデルチェンジでは、モデル型式がF01/F02からG11/G12へと進化した点が、まずは見逃せないポイントだ。これまでBMWは長くEから始まるモデル型式を使用し、初代「7シリーズ」ではE23、2代目はE32、3代目はE38、そして2001年に日本でも発売を開始した4世代目はE65(ロングホイールベースはE66)と呼ばれてきた。5代目にあたる現行モデルはアルファベットをEからFにひとつ進め、F01(ロングホイールベースはF02)を名のり、2009年にデビューしている。

たいしてこの6月にデビューした新型7シリーズは、さらにアルファベットをひとつ進めたG11(ロングホイールベースはG12)の型式を得ている。公式に理由は発表されていないものの、このアルファベットの進化もまた、最新の安全技術や軽量化技術、そして低燃費性能をあわせもったもっとも先進多岐なフラッグシップモデルの誕生を意味すると考えるのは自然なことだろう。これをあたらしい世代の到来、フラッグシップモデルの再定義といわずしてなんといえばいいのか。

s_bmw-750Li_Msport_007

BMW 750Li

s_bmw-750Li_Msport_009

BMW 750Li

注目のボディサイズはすでにその第一報で紹介しているとおり、全長5,098×全幅1,902×全高1,478mm。ロングホイールベースバージョンは、このノーマルホイールベースモデルよりもさらに140mmが伸ばされ、全長は5,238mm、全高は1,479mmとなっている。全幅は両モデルとも同一数値である。ホイールベースは3,070mmとロングホイールベースが3,210mmになる。

このサイズ、じつは旧型モデルとほとんど変わらず、欧州値比で全長は19mm(ロングホイールベースモデルも同一の19mm)だけ拡大されたにすぎない。全幅は新旧ともに同一で、全高は新型が4mm(ロングホイールベース版は2mm)低くなっただけ。3,070mmと3,210mmのホイールベースは新旧共通値になっている。いたずらにボディを拡大しなかったのは、車重の増加を抑えるためと、現状サイズでもじゅうぶんな居住空間を確保できているからにほかならない。

クルマが大きくなっても、都市の道幅はそう簡単には広くなはならない。こうした事情はライバルとなるメルセデス・ベンツ「Sクラス」もおなじで、結果として全長5,116(ロングホイールベースモデルは5,246)×全幅1,899×全高1,496mmというSクラスと、新型7シリーズはほぼおなじサイズを得ることになった。ショーファードリブンのクルマならいざ知らず、オーナードリブンの実質的な頂点に位置するライバル同士は、このサイズがオーナーカーの最大数値と考えているのかもしれない。