短期連載|Missing Trace〜ロンドンの記憶と記録のあいだ〜

短期連載|ロンドンの記憶と記録のあいだ

Missing Trace〜ロンドンの記憶と記録のあいだ〜

2015年6月から10月までの期間限定アート連載

アーティスト・久保田沙耶がロンドンで見たもの、感じたもの

芸術が生活に根ざした街、ロンドン。日々、あたらしい表現が生み出される「創出」の場所であるいっぽうで、いたるところに埋葬された過去の遺産を掘り出して、いまによみがえらせる「蘇生」の場所でもある。後者の行為は、たとえるなら過去から現在への伝言ゲーム。そんな時代を超えた“壮大な遊び”に心躍らない表現者がいるだろうか? 2015年4月から10月まで、修復とファインアートを学ぶために彼の地へ留学中の久保田沙耶もその魅力に惹きつけられたひとり。ロンドンの記憶と記録のあいだを漂う日々のなかで、琴線に触れたヒト・モノ・コトを綴る。

※写真はプロジェクト「漂流郵便局」の一環で制作された『漂流物たち(Missing Trace)』(2013年)。プロジェクトの舞台、粟島の波打ち際で拾った漂流物たちに久保田沙耶が手をくわえたもの。連載期間中、その貴重な作品群を毎週月曜にひとつずつ紹介。

Text by KUBOTA SayaPhotographs by MOTODA YoshinobuEdited by TANAKA Junko (OPENERS)

第1回「とろける小さな遺跡たち」

短期連載|Missing Trace〜ロンドンの記憶と記録のあいだ〜 第1回

第2回「ローマで遺跡を握る」

短期連載|Missing Trace〜ロンドンの記憶と記録のあいだ〜 第2回

第3回「かわいた記憶にお湯を注いで」

03

第4回「返事はいらない」

03

pro

久保田沙耶|KUBOTA Saya
アーティスト。1987年、茨城県生まれ。幼少期を香港ですごす。筑波大学芸術専門学群卒業。現在、東京藝術大学大学院美術研究科 博士後期課程美術専攻油画研究領域在学中。日々の何気ない光景や人との出会いによって生まれる記憶と言葉、それらを組み合わせることで生まれるあたらしいイメージやかたちを作品の重要な要素としている。焦がしたトレーシングペーパーを何層も重ね合わせた平面作品や、遺物と装飾品を接合させた立体作品、さらには独自の装置を用いたインスタレーションなど、数種類のメディアを使い分け、ときに掛け合わせることで制作をつづける。プロジェクト「漂流郵便局」(瀬戸内国際芸術祭2013)など、グループ展多数参加。

http://sayakubota.com