ランボルギーニによる雪氷上のドライビングトレーニング (前編)|Lamborghini

ランボルギーニによる雪氷上のドライビングトレーニング (前編)|Lamborghini

CAR IMPRESSION

Lamborghini Winter Accademia|ランボルギーニ ウィンター アカデミア

ランボルギーニで雪氷走行テクニックをまなぶ

ミッドシップ4WDモデルを精力的に手がけるランボルギーニは、雪氷上でのドライビングトレーニング「ウィンター アカデミア」を定期的に開催している。アヴェンタドール、ウラカンをおもいっきり雪のなかで走らせることのできるこのトレーニングに、大谷達也氏が参加した。今回はその前編をお届けする。

Text by OTANI Tatsuya

スーパーカーと氷雪のミスマッチなトレーニング

ミッドシップ スーパースポーツカーと雪上ないし氷上走行。これほどチグハグな組み合わせは滅多にないだろう。

舗装路で強大なグリップを生み出す超ワイドなリアタイヤは雪や氷の上ではまったく役に立たず、自慢の大パワーは路面に伝えられることなくただタイヤを空転させるばかり。それに、スーパースポーツカーは最低地上高が極端に低いからチンスポイラーで雪をかくラッセル車(古い?)になりかねないし、そもそも不動産が簡単に買えるくらいの価格がするクルマでそんな無謀な挑戦をする輩がいるとはおもえない。いってみれば水と油、月とスッポンのようなものである。

この、まったく不釣り合いとしかいいようのない組み合わせに企業を挙げて取り組んでいるブランドがある。それが、あのランボルギーニだ。

Lamborghini Winter Accademia|ランボルギーニ ウィンター アカデミア
Lamborghini Winter Accademia|ランボルギーニ ウィンター アカデミア

よりによって、スーパースポーツカーのなかでもとりわけ過激で、オフロード走行のことなんてまったく考えていないようにおもえるランボルギーニが、その名も「ウィンター アカデミア」と称して雪上ないし氷上でのドライビングトレーニングを定期的におこなっていることは知る人ぞ知る事実。

もっとも、私はいまから4年前に中国の内モンゴルでおこなわれたランボルギーニ ウィンター アカデミアに参加していたので、この奇想天外な組み合わせが意外にも相性がいいことを実体験として知っていた。