プジョー、イグザルトの全貌を披露|Peugeot

プジョー、イグザルトの全貌を披露|Peugeot

CAR NEWS

Peugeot EXALT│プジョー イグザルト

プジョー、イグザルトの全貌を披露

2012年に発表した「ONYX(オニキス)」につづくスタディモデルとして、プジョーが北京モーターショーで発表する「EXALT(イグザルト)」。今回その詳細が明らかとなった。

Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)

フランスと中国の文化を融合した1台

プジョーは19日に幕を開ける北京モーターショーで初披露するコンセプトカー、「EXALT(イグザルト)」の詳細を開催に先駆け発表した。

ボディサイズは全長4.7m、全高1.3m、車輌重量は1,700kg。クーペスタイルの5ドアスポーツハッチとして制作されたこのイグザルトは、平面と直線の組み合わせをデザインの基調とし、アグレッシブで躍動感を与えると同時に柔らかさをも表現。無駄な素材を削ぎ落し、フランスと中国の文化を象徴するマテリアルを採用した特別な1台だ。

先日お伝えしたとおりこのイグザルトは、金属を無垢の状態にしたパートと、鮫肌のようなマテリアル加工がほどこされたCピラー以降(赤色の部分)のパートの2つで構成されたユニークなボディを持つ。このソリッドなボディの表面処理は、1920~1930年代に製造されたフランス車へのオマージュであり、長い自動車製造の歴史への情熱を表現したとプジョーは謳う。

いっぽう、シャークスキンと名付けられた後方部は、空気抵抗を減らし燃料消費を抑える目的のため採用されたもの。バイオミミクリ(生物模倣)、つまりサメの肌質と同様の形状をクルマに与えることで、エアロダイナミクスの改善を計ろうという試みだ。

リアゲートも特徴的で、開閉にはパンタグラフ式を採用。狭いスペースを効率的に活用できる仕組みになっている。力強いフロントグリルの中央に収まるライオンのエンブレムは、プジョーのアイコンとしてだけでなく、力と名声を表現する中国文化のシンボルとして、ふたつの意味が込められた。