あたらしいX5を国内で試乗|BMW

あたらしいX5を国内で試乗|BMW

CAR

BMW X5|ビー・エム・ダブリュー X5

フルモデルチェンジした新型X5を国内で試乗

スポーツ性能を重視して後輪駆動や縦置き直列6気筒にこだわりつづけたBMWが、スポーツ アクティビティ ビークル(SAV)として「X5」を登場させたのは1999年。以降、X5をベースにクーペスタイルをまとった「X6」やよりコンパクトな「X3」「X1」、さらにパワフルな「X5 M」や「X6 M」とSUVモデルを拡充してきた。そんなBMWのSUVの元祖ともいえるX5も、2013年についに3代目となった。海外でも試乗したことがある九島辰也氏が、あらためて日本で試乗した。

Text by KUSHIMA Tatasuya
Photographs by ARAKAWA Masayuki

最後まで売れつづけた先代

「3シリーズ」に代表されるBMWだが、イメージとはちがいXシリーズの販売台数は多い。いまや全世界で販売されるBMWのおよそ1/3がそれにあたるというから驚かされる。

その先駆者となったのが今回モデルチェンジしたX5だ。1999年にリリースされた初代、2007年に進化した二代目ともビッグヒットとなった。昨年は新型がスパイフォトされても販売台数をのばしたそうだ──

その新型だが、今回の国内試乗会でステアリングを握るのは2度目となる。昨年9月にバンクーバーでおこなわれた国際試乗会が最初だ。

そのときの印象はカナダの大自然のなかを走りまわるワイルドなものだった。もちろん、ドライブフィールや各種デバイスは精緻にコントロールされるが、走りはダイナミック。とくにV8モデルのドーンと加速するさまは迫力満点だったのを覚えている。

では、日本ではどうか。

BMW X5|ビー・エム・ダブリュー X5

今回のテストドライブに用意されたのは3リッター直6のディーゼルエンジンのみ。海外では30dだが、日本仕様は「xDrive35d」と呼ばれるものだ。

最高出力は258psで最大トルクは560Nmを発揮する。トルクカーブを見ればわかるが、最大トルクを1,500-3,000回転のあいだでフラットに提供するのが特徴だ。時速80キロは1,200-1,300回転で生み出す。ちなみに、従来型は245psの540Nm。およそ5パーセント分のパワーアップとなる。