いま注目の最新コンパクトハッチバック3選 Part 2|ルノー メガーヌR.S.

ルノー メガーヌR.S.|いま注目の最新コンパクトハッチバック3選 Part 2

CAR IMPRESSION

Renault Megane R.S.|ルノー メガーヌ R.S.

退屈へのレジスタンス

毎年2月に日本輸入車組合(JAIA)がプレス向けに開催する試乗会からの一気乗りリポート。コンパクトハッチバック編の第2弾として、ルノーが量産FF車最速を目指して開発した最新のスポーツモデル「メガーヌ ルノースポール」のショートインプレッションをお届けする。

Text & Photographs by HARA Akira

モータースポーツで培ったノウハウが注ぎ込まれたスポーツモデル

FF車最速を目指し、F1などモータースポーツで培ってきたノウハウを注ぎ込んで開発されたのがルノーの最新ハッチバックモデル「メガーヌ ルノースポール(以下R.S.)」だ。

表題の「退屈へのレジスタンス」とは、2018年8月に新型メガーヌR.S.がデビューした際のサブタイトルだ。つまり、ありふれたクルマではなく、ベーシックモデルを単にチューンアップしただけのスポーツモデルとも一線を画す、本物のスポーツモデルであることを物語っている。

ルノー メガーヌ R.S. フランス車
ルノー メガーヌ R.S. フランス車

その証拠に、ルノースポールの歴代メガーヌは、あの独ニュルブルクリンク ノルドシュライフェ(北コース)での量産FF車最速というタイトルを奪取するため、フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」やホンダ「シビックtype R」らと競ってきており、今回の新型もそのDNAを引き継ぐことになる。

現在の記録は2017年9月、旧型メガーヌが持つニュルでの記録を約7秒縮める7分43秒8を叩き出した新型シビックのものになっているが、新型エンジンや4輪操舵システムで“武装”した新型が果たしてどういったタイムを出してくれるのか、興味の尽きないところだ。

ルノー メガーヌ R.S. フランス車
ルノー メガーヌ R.S. フランス車

試乗したオランジュ トニックメタリックカラーの新型メガーヌR.S.は、全長4,410×全幅1,875×全高1,435mm。スタンダードのGTに比べてフロントが65mm、リアが45mmも広いフェンダーを持っており、その低くワイドなプロポーションや、フロントグリルセンター、ホイール、リアハッチの各所に取り付けられたR.S.バッジが、ただ者でないことを明確に主張している。

Page02. 「ゴーンショック」を吹き飛ばすほどの走り