アストンが初の量産ミッドエンジンモデルを生産へ|Aston Martin

アストンが初の量産ミッドエンジンモデルを生産へ|Aston Martin

CAR NEWS

Aston Martin Vanquish Vision Consept|アストン マーティン ヴァンキッシュ ヴィジョン コンセプト

アストンが初の量産ミッドエンジンモデルを生産へ

アストンマーティンは、スイス時間3月5日、開幕したジュネーブモーターショーで「ヴァンキッシュ ヴィジョン コンセプト」を初公開した。生産は2022年を予定しているという。

Text by YANAKA Tomomi

ヴァンキッシュの名が復活

アストンマーティンの量産フラッグシップモデルに使われてきた「ヴァンキッシュ」の名がミッドエンジンのコンセプトモデルとして復活した。これは、アストンマーティン初の量産ミッドエンジンスーパーカーのデザインを暗示するものとなるという。

エンジンは、アストンマーティンが新開発するV6ターボチャージャーを採用。このユニットは、同じくジュネーブモーターショーで披露された「プロジェクト003」では、ハイブリットターボエンジンとしてデビューする。

アストン マーティン ヴァンキッシュ ヴィジョン コンセプト
アストン マーティン ヴァンキッシュ ヴィジョン コンセプト

またボディは、テーラーメイドされた接着アルミニウム構造によるシャシーが与えられ、「ヴァルキリー」や「プロジェクト003」よりも流麗なスタイルが特徴。デザインでは、タイヤを透かして見ることができる開口部を備えた、クラムシェル フロントフェンダーなど、アクセントとなるデザインも取り入れられた。

第89回ジュネーブモーターショーは3月7日(木)から一般公開され、17日(日)まで開催される。