アストン、第三のミッドエンジンモデルを公開|Aston Martin

アストン、第三のミッドエンジンモデルを公開|Aston Martin

CAR NEWS

Aston Martin Project 003|アストン マーティン プロジェクト003

第三のミッドエンジンモデルをワールドプレミア

アストン マーティンは3月5日(火)に開幕したジュネーブモーターショーでミッドエンジンモデル「プロジェクト003」を世界初披露した。

Text by YANAKA Tomomi

航空宇宙技術を自動車に初採用

アストンマーティンが「ヴァルキリー」や「ヴァルキリー AMRプロ」に搭載されているミッドエンジンのコンセプトとテクノロジーをフィードバックさせた第3のモデル「コンセプト003」を発表した。

基本的なシャシーやエアロダイナミクスをヴァルキリーと共有しているものの、個性を主張するフロントエプロンと大型のリアディフューザーが特徴で、フロア下を流れるエアが強力なダウンフォースを生み出すという。

これらを可能にするのが、自動車業界で初採用される航空宇宙技術、モーフィングテクノロジーだ。翼全体をなめらかに変形させながら飛行する技術により、クルマのエレメント全体の物理的な角度を変えずに走行中のダウンフォースを変化させ、パフォーマンスや効率の向上を果たしつつ、風切り音の少ないシームレスかつ、独自性のあるデザインにも寄与するという。

ほかにも利便性と快適性を向上させるデザインコンセプトにより、ドアは前方に開くLMPスタイルを備え、ルーフセクションもドアと一緒に移動するため、乗り降りが容易になった。