ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスに試乗|Lamborghini

ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスに試乗|Lamborghini

CAR IMPRESSION

Lamborghini Urus|ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニのスーパーSUV、ウルスに試乗

「アヴェンタドール」「ウラカン」につづくランボルギーニ第3のモデルとして2017年12月に待望のデビューを果たし、今年より日本へのデリバリーが開始されたスーパーSUV「ウルス」。多くのプレミアムブランドがSUVをリリースしている昨今においても異彩を放つ同モデルに、モータージャーナリスト大谷達也氏が試乗した。

Text by OTANI Tatsuya Photographs by ARAKAWA Masayuki

3.6秒の0-100km/h加速と305km/hの最高速度を実現

「ウルスはランボルギーニ史上初のSUVである」

もしもそう書けば、ランボルギーニ・ファンからたくさんの苦情が届くだろう。「ランボルギーニはウルス以前にもSUVを作っていた」と……。

ことの起こりは、ランボルギーニ社内で軍事用ハイパフォーマンス オフローダーの開発が始まった1970年代終盤に遡る。「チーター」と名付けられたこのモデルは量産に至らなかったものの、ランボルギーニは1981年にその進化版である「LM001」を開発。これを民生用に仕立て直したのが「LM002」で、1986年から1992年にかけて合計300台が生産された。つまり、ウルスはLM002に続く「ランボルギーニ第二のSUV」である、というわけだ。

もっとも、30年近い歳月を隔てているLM002とウルスの間に技術的な意味での関連性はほぼない。あるのは、ランボルギーニの名と、オフロード走行が可能なハイパフォーマンスカーという点だけだろう。

Lamborghini Urus|ランボルギーニ ウルス 4
Lamborghini Urus|ランボルギーニ ウルス 52

現代に蘇ったスーパーSUVのウルスは、650psと860Nmを生み出すV8 4.0リッター ツインターボエンジンをフロントに搭載。8段ATとトルセン式センターデフを介して4輪を駆動する。前後の足回りはマルチリンク式をベースにしたエアサスペンションで、これにアクティブ スタビライザーと4輪操舵を組み合わせ、さまざまな路面で理想のトラクション性能とハンドリング特性を実現する。

ウルスはオンロード性能にも妥協をしなかった。空力的なデザインとともにアルミを多用した軽量ボディにより、3.6秒の0-100km/h加速と305km/hの最高速度を実現。スーパーSUVとして、いや正真正銘のスーパースポーツカーとしてふさわしいパフォーマンスを手に入れたのである。

Page 2.ロールの少なさにまず驚かされる