ロールズのSUV「カリナン」日本上陸|Rolls-Royce

ロールズのSUV「カリナン」日本上陸|Rolls-Royce

CAR NEWS

Rolls-Royce Cullinan|ロールス・ロイス カリナン

ロールス・ロイスのSUV「カリナン」日本上陸

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、同社初のSUVとなる「カリナン」を日本でも発表した。価格は3,800万円からで、納車は2019年第一四半期を予定している。グローバルでの発表から約1か月での日本導入となる。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

妥協せず、大量生産もしない

これまでに発見された世界最大のダイヤモンドの名前を冠された「カリナン」は、究極のオフローダーとして、また、オンロードにおいてもロールス・ロイスの名にふさわしい乗り心地と走りを提供しているという。

「SUV市場に進出するに際しても、価格面で妥協したり、また平凡なラグジュアリーを提供したりして、大量生産するつもりは一切ありせん。新しいSUVのベンチマークとなるのがカリナンです」と定義づけるのは、同社アジア太平洋リージョナルディレクターのポール・ハリス氏だ。

s_02
s_03

ロールス・ロイスのラインナップの中では、これまでと変わらずフラッグシップは「ファントム」で続いて「ゴースト」、また、「印象的で刺激的な自由な時間を楽しませてくれる「ドーン」と「レイス」」とは別の「感情の琴線に触れる第3のラインとしてカリナンがあります」と述べる。

ユーザー層についてハリス氏は、「ほかよりも目立ちたく、若く多忙で活動的で社会的な人で、アウトドアを愛する。家族を大切にし、現代的な生活を送りつつ、フットワークは軽くスポーツ好きな人です」という。