ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」をワールドプレミア|Rolls-Royce

ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」をワールドプレミア|Rolls-Royce

CAR NEWS

Rolls-Royce Cullinan|ロールス・ロイス カリナン

ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」をワールドプレミア

ロールス・ロイスは英国時間の5月10日正午(日本時間午後8時)、グローバル ライブストリーミング映像を通して同社初のSUVとなる「カリナン」の姿を世界初公開した。

Text by HARA Akira

究極のぜいたく空間の中、どこへでも行けるクルマ=カリナン

ロールス・ロイス初となるSUV「カリナン」のローンチは、定刻通りにYouTubeとFacebookによるストリーミング映像で行われた。約15分間に渡る映像は、「砂漠における1台のロールス・ロイスは複数のルビーをしのぐ」と語ったアラビアのロレンスの走行シーンから始まった。

その後は、トルステン・ミュラー・エトヴィシュ社長、ジャイルズ・テイラー取締役兼デザインディレクター、キャロライン・クリスマー エンジニアリングプロジェクトリーダーが商品説明を行ったほか、工場の様子やアルミスペースフレームの概要を紹介した。

走行シーンでは、カムフラージュが施されたテスト車両が英国グッドウッドの本社をスタート。ロンドン市街地を抜けた後は、泥水をはね上げながらスコットランドの荒野を駆け抜け、オーストリア・アルプスのスノーロードでのドリフト走行シーン、中東の砂漠で砂塵を巻き上げながら豪快に走る姿などが映し出された。

007_rolls_cullinan
017_rolls_cullinan

最後にはカムフラージュを取り払ったレッドとガンメタの2台のカリナンが登場。豪華な内外装を披露しつつ、緑の中を走り抜けてグッドウッドの本社にたどり着くというシーンで終了する。

車名となった「カリナン」は、1905年に南アフリカ・マガリーズバーグ山地の鉱山で採掘された、3,106カラットという世界最大のダイヤモンドに付けられた名前であるのは既報の通り。現在は英国ブリティッシュクラウンジュエリーに所蔵されているそうだ。

ロールス・ロイスでは3年前、ラグジュアリー、性能、有用性を備えた「SUV界のロールス・ロイス」を望む世界中の顧客の声を受け、新型SUVの開発に着手。冒険心に溢れ、大きな成功を納めた若い富裕層をメインターゲットとし、ラグジュアリーを尽くした空間に身を置きながら、世界の果てまで走行できる全地形対応ハイボディ車として完成したのが今回のカリナンというわけだ。