アウディが大型SUVクーペ「Q8」をワールドプレミア|Audi

アウディが大型SUVクーペ「Q8」をワールドプレミア|Audi

CAR NEWS

Audi Q8|アウディQ8

アウディが大型SUVクーペ「Q8」をワールドプレミア

アウディは6月5日、独インゴルシュタットと中国・深センにおいて、同社のSUVである「Qシリーズ」最上位モデルとなる大型SUVクーペ「Q8」をワールドプレミアした。

Text by HARA Akira

アウディの新しい“顔”

アウディ「Q8」のボディサイズは、全長4,990×全幅2,000×全高1,710mmで、姉妹モデルの「Q7」より幅広く、全長と全高は短く低い。定員は、3列シートであるQ7の7人に対してQ8は余裕のある5人となり、リアシートを倒せば最大1,755リッターのラゲッジルームが出現する。

約3メートルというホイールベースを生かして、室内長やヘッドルームなどほとんどの室内寸法は直接的なライバル(メルセデス・ベンツ「GLS」やBMW「X7」)をしのぐという。

s_004_audi_q8
s_002_audi_q8

エクステリアは、Qシリーズの新しい顔となる8角形デザインのシングルフレームグリルとしたほか、エレガントな弧を描くルーフラインや、22インチホイールが装着できるホイールアーチ上のクワトロブリスターなど、初代アウディ クワトロをモチーフとしたデザインディテールが採用されている。

標準装備されるLEDヘッドライトは3次元的なシグネチャーを生み出すデイタイム ランニングライトを備えており、リアライトをつなぐライトストリップにも初代を彷彿させるブラックパネルが設置されている。オーナーがスマートフォンアプリにインストールしたmyAudiアプリを使用すれば、さまざまなライティング機能を有効にして、クルマの外からそれを眺めることもできるという。