メルセデスが最上級SUV「GLS」を発表|Mercedes-Benz

メルセデスが最上級SUV「GLS」を発表|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz GLS|メルセデス・ベンツ GLS

Mercedes AMG GLS 63|メルセデスAMG GLS 63

メルセデスが最上級SUV「GLS」を発表

メルセデス・ベンツ日本は、2016年4月27日、最上級SUV「GLS」を発表した。ディーゼルエンジンを搭載したモデルから、AMGモデルまで、全4グレードで展開される。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

フラッグシップSUVにふさわしい装備が満載

メルセデスは2016年を「SUVイヤー」と銘打ち、SUVに力を入れた展開を行ってきた。2月には「GLC」を、4月には「G550 スクエアード」をそれぞれ日本において発表。「販売台数の24パーセントをSUVが占め、そのシェアは今後も増加していくだろう」とメルセデス・ベンツ日本社長、上野金太郎氏は話す。今回はSUVイヤー第3弾として、「AMG GLE 43 4MATIC」、「GLE クーペ」そして「GLS」の3車種を発表した。

GLS_016
GLS_035

新型GLSは従来の「GLクラス」にフェイスリフトを施し、刷新したモデル。メルセデス・ベンツが展開するSUVで唯一の3列シートを備え、大人7人が乗車できることが特徴だ。今回のフェイスリフトを機に、メルセデスのSUVモデルを表す「GL」と“Sクラス並み”という車格を表す「S」を組み合わせ、GLSとした。

そのボディサイズは「350 d」で全長 5,130 × 全幅 1,934 × 全高 1,850 mmとトップモデルにふさわしい体格だ。

用意されるモデルは、ディーゼルエンジンの「GLS 350 d」と4ガソリンエンジンの「GLS 550」、そしてパワフルなAMGの3種類。

「GLS 350 d 4MATIC」及び、「GLS 350 d 4MATIC Sports」に搭載される3.0リッターV型6気筒ディーゼルエンジンは、コモンレールシステムや電子制御式可変ターボチャージャーなどを採用。最高出力258ps、最大トルクは620Nmを発生する。また、ディーゼル排気ガス処理システム「Blue TEC(ブルーテック)」により、日本の排気ガス規制に適合する環境性能を持つ。

ガソリン仕様の「GLS 550 4MATIC Sports」には最高出力455ps、最大トルク700Nmを発揮する4.7リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。ディーゼルエンジン仕様車にも採用される新しい9段AT「9G-TRONIC」を組み合わせることでハイパワーと燃費性能を実現している。