連載|美しきBoutique city、アデレードへ Vol.1

連載|美しきBoutique city、アデレードへ Vol.1

Skyline, Adelaide, SA ©South Australian Tourism Commission

連載|美しきBoutique city、アデレードへ

オーストラリア・アデレード

美しきBoutique city、アデレードへ

日本の約20倍の国土を有するオーストラリア。広大な土地、豊かな自然、そして固有の資源により、各都市が実にさまざまな個性を輝かせている。オーストラリア大陸の中央南部に位置する南オーストラリア州は、葡萄の生産に適した気候からワインカントリーとして世界の愛好家から注目を集めている。自然も豊かで、自然動物と触れ合うことができるのも魅力だ。州都アデレードでは多民族国家の恩恵をたっぷり受けた文化性豊かなシティライフを満喫しつつ、リラクシングな雰囲気に心がほどけていくように感じられるのも、この国らしいところ。南オーストラリア州は、オーストラリアの魅力がぎゅっと凝縮された州なのだ。

Composition & Text by MAKIGUCHI June

Vol.1 Accessible city

南オーストラリア州は、日本の約3倍の面積である98万4000㎢に約170万人が暮らしている。州都アデレードは、139万人が暮らすオーストラリア第5の都市。地中海性気候で一年中過ごしやすい。

19世紀に理想郷を目指して英国から移住してきた開拓者たちによって築かれ、今も当時の名残であるコロニアルスタイルの建築が多く存在し、ヨーロッパの風情が色濃い美しい街だ。

ここはユートピアを求めた自由移民たちが建設した街。

Title: Rundle Street, Adelaide, SA Mandatory credit: South Australian Tourism Commission

Rundle Street, Adelaide, SA
©South Australian Tourism Commission

卓越した設計による人と緑が調和した美しい街並みが実現し、最近では個性的な近代建築も増えユニークなハーモニーを奏でている。

名前の由来は、街誕生当時、英国君主であったウィリアム4世のお妃「アデレード」から。ドイツ語で貴婦人を意味する言葉でもある。近代化が進む今も、その名の通り、優雅な佇まいを見せている。

Title: Adelaide Central Market, Adelaide, SA Mandatory credit: Tourism Australia

Adelaide Central Market, Adelaide, SA
©Tourism Australia

Title: Adelaide Central Market, Adelaide, SA Mandatory credit: Tourism Australia

Adelaide Central Market, Adelaide, SA
©Tourism Australia

その魅力を人々に聞くと、聞こえてくるのは“boutique & accessible”という表現だ。州都アデレードからは、旅人にとって魅力的な州内の注目スポットほぼすべてが簡単にアクセス可能。豊かな移民文化を反映した各国の味を提供するレストラン、リラクシングなカフェ、文化色豊かな店が軒を連ね、街全体がまるでスタイリッシュなセレクトショップのようだ。

欧州の面影を残し、気のきいた店や文化施設、自然が見事に溶け合う。メルボルンと比較されることも多いが、魅力がよりコンパクトに集まっているという印象だ。これこそまさに“boutique city”として愛されている所以なのだろう。

到着したら、まず街の東西に流れるトレンズ川へ散策にでかけたい。

川を挟んで街をシティとノース・アデレードに分けているこの川の土手には、芝生が広がり市民たちの憩いの場になっている。

周囲にはオーストラリアらしいブッシュや花をつけた木々も立ち並び、飛行機での長距離移動後の身体を、思い切りリフレッシュさせてくれるはずだ。

006_travel_australia_vol01

ここまで来たらぜひ訪れたいのが、ノーステラスという川沿いの通りに並ぶ美術館や博物館が集まるエリア。1856年設立の南オーストラリア博物館は、この大陸にかつて生息していた生き物の展示や、先住民であるアボリジニに関する世界一のコレクションを有するオーストラリアン・アボリジニアル・カルチャーズ・ギャラリーを持つ。

現代アートとしても世界的人気を誇るアボリジニ・アートを知るには格好の場所。ミュージアム・ショップには、固有の文化をポップなテイストと融合させたアイテムが多く、お土産探しにもぴったりだ。

このエリアは、南オーストラリア美術館、アデレード大学が並ぶ文化の中心。緑が多く静かだが、徒歩10分ほどでシティ中心部へと戻ることができる。

007_travel_australia_vol01
009_travel_australia_vol01

Page02. 次のページへ

ABOUT
牧口じゅん

牧口じゅん|MAKIGUCHI June 共同通信社、映画祭事務局、雑誌編集を経て独立。スクリーン中のファッションや食、音楽など、 ライフスタイルにまつわる話題を盛り込んだ映画コラム、インタビュー記事を女性誌、男性誌にて …