ソリマチアキラが堪能する「ブルーラベル」の味わい|JOHNNIE WALKER BLUE LABEL 

JOHNNIE WALKER BLUE LABEL|ソリマチアキラが堪能する「ブルーラベル」の味わい

LOUNGE FEATURES

JOHNNIE WALKER BLUE LABEL|ジョニーウォーカー ブルーラベル

自分の心と向き合ったり、
親しい人と語り合うときのパートナー

一万樽に一樽といわれる希少な原酒を用いた究極のブレンデッドウィスキー、ジョニーウォーカー ブルーラベル。英国の誇りでもあるこのウイスキーを今回味わうのは、ブリティシュスーツをまとった紳士のイラストで知られるソリマチアキラさん。場所は、「ザ・リッツ・カールトン東京」の45階にある「ザ・バー」。ソリマチさんは10年以上愛用している、ビスポークのスーツ姿で颯爽と現れた。

Illustration by SORIMACHI Akira Text by SHIMIZU Kiyoshi(Lefthands) Photographs by SATO YukiCooperation by THE RITZ-CARLTON TOKYO

スクエアボトルが生まれた理由

「20代の頃、銀座でバーテンダーをしていたこともあり、ウイスキーは身近な存在でした。その頃はタリスカーなど個性的なシングルモルトを好んでいましたが、最近はまろやかなブレンデッドウイスキーに惹かれますね。納得のいく仕事ができた後に、絵を眺めながらグラスを傾けることもあります」

ソリマチさんを魅了するブレンデッドウイスキー。その誕生にはジョニーウォーカーの創業者、ジョン・ウォーカーの才覚が大きく寄与している。
top1

1820年、ジョン・ウォーカーはスコットランドの小さな街、キルマーノックに食料雑貨店を開いた。店ではシングルモルトウイスキーを販売していたが、当時は蒸留所や樽によって品質に差があったため、彼は紅茶やスパイスのブレンディングをヒントにシングルモルトウイスキーを組み合わせて、上質で品質の安定したブレンデッドウイスキーを作り、上顧客にのみ提供した。そのウイスキーはたちまち評判となり、食料雑貨店の事業は大成功を収め、ジョニーウォーカーの名声の礎を築いた。

k2

その後、2代目のアレキサンダーは世界的な販路を求め、航海に出る船長たちにウイスキーの販売を委託しようと考えた。しかし、当時のウイスキーボトルは丸底フラスコのような形状が大半を占め、非常に割れやすく、箱詰め効率も悪かった。そこで彼は破損を減らし、箱詰め効率を上げるために、スクエアボトルを考案する。今日、ブランドの象徴ともなっている四角いボトルは、苦難に立ち向かう英国紳士の発想の賜物なのだ。

「モダンな雰囲気を醸し出しているボトルですよね。当時としてはかなり斬新なデザインだったのではないでしょうか。時代を先取りしようという気概を感じます」

イギリスの風土を感じさせてくれる味と香り