大門酒造 伝統の継承者としての新たなる挑戦|DAIMON BREWERY

大門酒造 伝統の継承者としての新たなる挑戦|DAIMON BREWERY

EAT TOKYO Tips

EAT|大門酒造

伝統の継承者としての新たなる挑戦

伝統を守り抜くということは、並大抵のことではない。それを守るために何かを手放さなくてはならないこともあるだろう。かつては予想だにしなかった新しいもの考えを取り入れる必要も生まれるかもしれない。だが、失われたら二度と手に入らない大切なものを次世代に残すためには、時代に応じた英断というものが必要になる時がある。1826年から続く造り酒屋の大門酒造にとって、この数年で下された大きな決断は、まさに英断と呼べるだろう。伝統を守るための覚悟と言い換えてもいいかもしれない。

Text by MAKIGUCHI June

歴史を彩る新たなる門出

2017年10月1日。“日本酒の日”であるこの日、大阪の交野にある大門酒造には、国内外から日本酒好きが集まっていた。地元の人々、国内の日本酒愛好家に加え、海外の投資家も駆けつけていた。

6代目蔵元兼杜氏を務める大門康剛氏にとって、大門の酒を愛する彼らと直に接することのできるこの大門フェスティバルは待ちに待ったもの。大門酒造の新たなる出発を表明する日でもあったからだ。

006_daimon_brewry

創業者・半左衛門喜之の名前からつけられた酒半という屋号を持つ大門酒造。生駒山系のふもとに位置し、文政九年(1826年)より、山からの豊かな湧き水と、豊かな自然に育まれた肥沃な地で育まれた米から、酸味の効いた飲み口のさわやかな酒を造り続けている。

日本酒を通じて日本の文化を体感できる酒蔵になりたいという思いが込められた「DAIMON」シリーズは、大切な人との時間やくつろぎの空間など、様々な食事シーンを彩るにふさわしく、国境を越えて様々な料理とのマリアージュを意識した4種がラインナップされている。

一方、190年以上の歴史を感じさせる、伝統的な日本酒のうまみを感じさせる美酒が「利休梅」シリーズ。清少納言が、枕草子で「野はかた野、、、」とその情緒ある自然を讃えた交野が原。大阪府の北東部、奈良との県境に位置するこの地は、古くから稲作が栄えた土地であり、その恵みと豊かな文化の継承を存分に感じさせる日本酒だ。いずれも、2018年からラベルをリニューアル。実は、そこに新たなる門出への秘めたる決意が感じられるのだ。

002_daimon_brewry

「DAIMON」シリーズ

003_daimon_brewry

「利休梅」シリーズ

実は、日本酒の国内消費量は減少している。おや、と思われる方も多いだろう。昨今、海外での日本酒人気が頻繁に伝えられているし、入手困難と言われる銘柄も多い。プレミアム酒と呼ばれる純米酒や純米大吟醸酒など地酒の類は人気が高まっている。

だが、日常的に楽しむ酒としては、ビールやワインなどの消費量が多い。日本人にとっても、もはや日本酒は日常的な酒ではなくなって久しいのだ。長年にわたる日本酒文化の衰退がたたり、大門酒造も一時経営危機に陥った。敷地内には立派な酒蔵をはじめとする伝統的な建物があるが、それらを失う寸前までいったのである。

そんなとき、頼もしい助っ人が現れた。大門酒造の歴史と伝統を生かしながら、文化を継承していくため共に再生を目指そうとする仲間たちだ。

大門酒造を救ったのは、香港を中心とした個人投資家たち。日本酒が好き、日本の食文化に可能性を感じている、日本の伝統に敬意を抱いている、歴史ある日本文化に関わることに興味がある、など理由は様々。だが彼らに共通しているのは、我々日本人が、存在していることを当たり前に感じてしまっている伝統や文化に、大きな敬意を表してくれているということだ。

伝統的な日本文化の担い手たちの多くは、外からの干渉を嫌う。つまり、大門の決断はこの業界ではかなり特別なものなのだ。それを可能したのは、大門康剛氏の視野の広さだろう。

010_daimon_brewry

6代目蔵元兼杜氏を務める大門康剛氏

大門氏は若い頃に世界を放浪したという、杜氏としては異色の経験を持つ。

日本を外から眺め「世界に日本酒と日本文化の素晴らしさを伝えたい」という思いが募り今に至ることから、伝統文化の継承者として自分が最もすべきことが明快で、決断に迷いがなかったのだろう。

つまり“良き理解者に国境はない”ということを知っているのだ。

Page02. 良い酒を造るためにすべきこと

ABOUT
牧口じゅん

牧口じゅん|MAKIGUCHI June 共同通信社、映画祭事務局、雑誌編集を経て独立。スクリーン中のファッションや食、音楽など、 ライフスタイルにまつわる話題を盛り込んだ映画コラム、インタビュー記事を女性誌、男性誌にて …