新型アストンマーティン ヴァンテージに試乗|Aston Martin

新型アストンマーティン ヴァンテージに試乗|Aston Martin

CAR IMPRESSION

Aston Martin Vantage|アストンマーティン ヴァンテージ

新型アストンマーティン ヴァンテージに試乗

アストンマーティンのラインナップ中、スポーツカーに位置づけられる「ヴァンテージ」。同モデルが、最新世代に生まれかわった。ポルトガル西部、アルガルヴェ サーキットで開催された国際試乗会より、モータージャーナリストの大谷達也氏がリポートする。

Text by OTANI Tatsuya

サーキットで20分間連続走行してもブレーキは音を上げない

ポルトガル西部に位置するチャレンジングなレーシングコース、アルガルヴェ サーキット。その、大きく右に曲がり込みながら下っていく最終コーナーに135km/hでアプローチすると、下り勾配が一段ときつくなるところでテールが瞬間的に流れた。

もっとも、リアタイヤの接地性は十分に感じられるし、スライドするのも一瞬だけなので、ほとんどカウンターステアをあてることなく、そのままクリッピングポイントをクリア。ゆるやかに加速しながらメインストレートに進入する。

全長1km近いストレートを、アストンマーティンの新型「ヴァンテージ」は空気の壁を切り裂くようにして駆け抜けていく。5速から6速、そして7速へ。スピードメーターの表示も230km/h台から240km/h台へと移り変わるが、さすがに250km/hに迫ると加速が鈍り始める。

1コーナーにアプローチする下り勾配で253km/hを確認。ここで全体重をのせてブレーキペダルを踏み込む。これまで20分近く連続走行してきたせいでさすがにペダルフィールは若干ソフトになっているが、それでもABSが作動しているのだからタイヤの能力をフルに引き出して減速していることは間違いない。

その感覚は、ステアリング越しに伝わるフロントタイヤの接地感からも十分に把握できる。

比較的タイトな1コーナーをクリアすると、2コーナーはほとんどフルスロットルのまま通過し、なるべく勢いを殺さないようにしながら登り勾配の3コーナーにアプローチ。

私が操るヴァンテージは、こうしてまた新たなるアタックラップを開始したのである。

s_005_aston_vantage

新世代テクノロジーを用いた第二作目のモデル

ヴァンテージはアストンマーティンの主力3モデルのなかでスポーツカーに位置づけられる。残る2モデルはGTカーの「DB」シリーズとスーパースポーツカーの「ヴァンキッシュ」(次世代のヴァンキッシュは伝統のネーミングであるDBSを用いることが先ごろ発表された)。

ラグジュアリーなハイパフォーマンスカーをごく少量、手作りするアストンマーティンは、ひとつのボディ構造をベースにしながら、さまざまなスペックのエンジンやサスペンションを組み合わせ、インテリアのグレードやシートの数をアレンジすることで、いくつものキャラクターを生み出してきた。

その基本となる技術はおよそ10年に一度のサイクルでリニューアルされるが、2016年にデビューした「DB11」で新しいボディ構造とエンジンラインナップが登場。今回リリースされたヴァンテージは、この新世代テクノロジーを用いた第二作目となる。

s_007_aston_vantage

ただし、ロングクルージングに主眼を置いたDB11とコーナリングを楽しむために生まれたヴァンテージとでは、クルマ作りも自ずと異なってくる。

DB11では、余裕ある走りを実現するためのパワフルなエンジン、長距離を走破しても疲れにくい快適性、ちょっとした荷物やジャケットを放り込むのに便利な“プラス2”と呼ばれるコンパクトなリアシートの存在などが重要となる。