アストンマーティンDB11が日本上陸|Aston Martin

アストンマーティンDB11が日本上陸|Aston Martin

CAR NEWS

Aston Martin DB11|アストンマーティンDB11

アストンマーティンDB11が日本上陸

アストンマーティンが誕生して今年で103年、総数約8万台が生産された。そのうち“DB”ネーミングのモデルは1/3に上るという。その最新モデル、「DB11」が日本でもローンチされた。価格はベースモデルが2,380万円、ローンチエディションは2,591万5,720円。

Text by UCHIDA ShunichiPhotographs by UCHIDA Chizuko

セカンドセンチュリープランの第1弾

DBシリーズの歴史は1950年に登場した「DB2」にまで遡る。このDBとは当時の経営者、デイビッド・ブラウン氏のイニシャルから取られている。DBシリーズで有名なのは、第1回日本グランプリでも活躍した「DB4GTザガート」をはじめ、ボンドカーで知られる「DB5」、ウイリアム王子の結婚式でも使用された「DB6」など多岐にわたる。

「2014年に就任したアストンマーティンのCEO、アンディー・パーマーは日本に強い思い入れを持っています」とは、アストンマーティンジャパン、マネージングディレクターの寺嶋正一氏だ。ちなみにパーマー氏の前職は日産自動車の副社長で、日本事情には精通している。

Aston Martin DB4 Zagato|アストンマーティン DB4 ザガート

Aston Martin DB4 Zagato

Aston Martin DB5|アストンマーティン DB5

Aston Martin DB5

パーマー氏は、「アストンマーティンが持つ、イギリス伝統のクラフツマンシップ、デザインフィロソフィーと、日本が誇るモノ作りの精神、品質管理、おもてなしの心というものを融合させ、ブランドを発展させていこうと考えています。そして、次の新しい100年を“セカンド センチュリー プラン”と名付け、さまざまなプロジェクトを進めていますが、このセカンドセンチュリープランの先陣を切って登場するクルマがこのDB11なのです」と述べる。

アストン初のツインターボ搭載

「DB11」に搭載されるエンジンは、5.2リッターDOHC V12ツインターボエンジンで、608ps、700Nmを発生。0-100km/h加速は3.9秒、最高速は322km/hで、アストンマーティンのロードゴーイング史上最もパワフルな性能を誇る。トランスミッションはZF製8段ATだ。

また、最先端の可変バルブタイミング、インテリジェント バンク アクティベーション、ストップ/スタートテクノロジーにより、史上最も燃料効率の良いエンジンでもあるという。

Aston Martin DB11|アストンマーティンDB11
Aston Martin DB11|アストンマーティンDB11

このインテリジェントバンクアクティベーションは、クルージング中のアクセルオフ時や軽い加速時など、エンジン負荷が低い時に片側のバンクを休止させ、燃料消費を大幅に抑えるテクノロジーだ。バンク休止中に触媒コンバーター温度が適正範囲を下回りそうになると、エンジンマネージメントシステムがすぐに12気筒全てを作動させることで、ポテンシャルを最大限発揮させた時でも、パフォーマンスやドライビングプレジャーに妥協を強いることなく、効率と排ガス特性を向上させているという。