新型レクサスESを北京でワールドプレミア|Lexus

新型レクサスESを北京でワールドプレミア|Lexus

CAR NEWS

LEXUS ES|レクサス ES

新型レクサスESを北京でワールドプレミア

トヨタ自動車はフルモデルチェンジしたレクサスブランドのミドルサイズセダン「ES」を北京モーターショーで世界初公開した。

Text by HARA Akira

GA-Kプラットフォームと2.5Lハイブリッドシステム採用

1989年、フラッグシップセダンである「LS」とともにレクサス最初のラインナップとして誕生した「ES」は、上質な乗り心地や静粛性、広い室内をセールスポイントに、数多くの国や地域で歴史を創り上げてきた基幹モデルだ。

第2~4世代目は国内でもトヨタブランドから「ウインダム」として販売されており、7世代目となる今回のモデルは、ESの原点である「上質な快適性」を進化させるため、新しいGA-Kプラットフォームや2.5リッターハイブリッドシステム、第2世代「Lexus Safty System +」など最先端技術を搭載したという。2018年秋頃には、日本での発売も予定されている。

s_009_lexus_es
s_012_lexus_es

新型ESのボディサイズは、全長4,975×全幅1,865×全高1,445mm、ホイールベース2,870mm。エクステリアは、GA-Kプラットフォームにより、フロントピラーの後方配置やリアピラーの傾斜によるワイド&ローのプロポーションを実現し、クラストップレベルの空力性能を目指したという。

また、鋭利に折り返すフレームと波紋のように連続する縦フィン形状のグリルメッシュを組み合わせたスピンドルグリル、シャープな小型3眼LEDヘッドライト、3つのLを層状に重ねたリア コンビネーションランプなどがレクサスの個性を際立たせる特徴となっている。

ボディカラーは、新色となるエレガントなアイス エクリュ マイカ メタリックや引き締まったサンライト グリーン マイカ メタリックなど、多彩なバリエーションから選択できる。