新型レクサスLSを米国で先行試乗|Lexus

新型レクサスLSを米国で先行試乗|Lexus

Lexus LS500 F SPORT

CAR IMPRESSION

Lexus LS|レクサス LS

新型レクサスLSを米国で先行試乗

今年1月年のデトロイトモーターショーでワールドプレミアを果たした、新型「LS」。レクサスのフラッグシップサルーンは、実際にどのようなモデルチェンジを果たしたのか。東京モーターショー開幕直前に国内発表も行われた最新のLSに、ひと足先に米国で試乗した金子浩久氏によるレポート。

Text by KANEKO Hirohisa

大胆な造形のインテリア

フルモデルチェンジしたレクサス「LS」のアメリカ仕様にサンフランシスコとその近郊で乗ってきた。

ご覧の通り内外デザインを一新し、数々の運転支援デバイスや安全装備を盛り込んだレクサスの意欲作である。

パワーユニットは、「LS500」に搭載される3.5リッターV6ツインターボのガソリンエンジン(421ps、61.2kgm)と、「LS500h」の3.5リッターV6ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド(299ps、35.5kgm)の2種類。どちらにも新開発の10段ATが組み合わされ、後輪駆動と4輪駆動の2種類の駆動方式が選べる。

よりスポーティなセッティングが施された足回りを持つ「Fスポーツ」も選べるが、ホイールベースやボディなどは今のところ一種類に限られる。

S_002_Lexus-LS500-F-SPORT

Lexus LS500 F SPORT

S_003_Lexus-LS500-F-SPORT

ゴールデンゲイトブリッジのたもとから、まずは「LS500 Fスポーツ」で走り始めた。エンジンのみで後輪を駆動するスポーティ版だ。

走り出す前に、インテリアデザインの鮮やかさに眼を奪われた。機能的に見やすく使いやすい配置がなされているのと同時に、エモーショナルな造形と素材使いが先代までのLSや他のレクサス各車を大きく凌いでいる。造形に力があって、大胆になっている。

1年近く前に発表された2ドアクーペの「LC」でも同じ印象を抱いたが、これでレクサス独自の個性が芽生えてきたのだったら大いに喜ばしい。