レクサス50万台を記念するLCの特別仕様車|Lexus

レクサス50万台を記念するLCの特別仕様車|Lexus

CAR NEWS

LEXUS LC Structural Blue|レクサス LC ストラクチュラルブルー

レクサス ブランド国内累計販売50万台を記念

レクサスLC500の特別仕様車ストラクチュラルブルー登場

レクサスは4月5日、同ブランドの国内累計販売台数が3月末時点で50万台となることを発表した。これを記念し、ラグジュアリークーペ「LC」に特別仕様車「ストラクチュラルブルー」を設定、同日から販売を開始した。

Text by HARA Akira

モルフォ蝶の羽から着想した外板色「ストラクチュラルブルー」採用

2005年に国内販売を開始したトヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」は、2017年にはフラッグシップクーペ「LC」の発売や、フラッグシップセダン「LS」のフルモデルチェンジを行い、現在では11車種を展開。新世代レクサスへの変革を進めてきた。

今回LCに設定される、レクサスの国内累計販売台数50万台達成を記念したLC特別仕様車は、車名のとおり「ストラクチュラルブルー」と呼ばれる独自の鮮やかなボディカラーをまとうのが特徴だ。

この青色は、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という原理を応用したのだという。モルフォ蝶の羽は無色だが、光を受けると特定の波長だけが反射・強調される構造になっており、人の目には青く輝いて見える。

s_004_lexus_lc
s_006_lexus_lc

レクサスでは15年をかけてこの原理を再現した自動車用構造発色顔料を開発。光の反射で圧倒的な鮮やかさと強い輝き、深みのある陰影を実現し、ボディの抑揚を美しく際立たせるという。

またインテリアは、日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景をモチーフとした専用カラーの「ブルーモーメント」と「ブリージーブルー」の2色展開とし、特別なボディカラーと調和させている。

特別仕様のストラクチュラルブルーは、8GR-FXS型3.5リッターV6エンジン+マルチステージ ハイブリッドの「LC500h」と、2UR-GSE型5.0リッターV8+10ATの「LC500」の両モデルに設定。価格はそれぞれ1,525万円、1,475万円となる。