レクサスの新型フラッグシップセダン「LS500」に試乗|Lexus

レクサスの新型フラッグシップセダン「LS500」に試乗|Lexus

Lexus LS500 F SPORT

CAR IMPRESSION

Lexus LS500|レクサス LS500

レクサスの新型フラッグシップセダン「LS500」に試乗

昨年秋に日本でも販売が開始された、新型レクサス「LS」。遅れてリリースされた、ガソリンターボエンジン搭載モデル「LS500」にさっそく小川フミオ氏が試乗。レクサスがフラッグシップサルーンをどう進化させたかを確かめた。

Photographs by ARAKWA MasayukiText by OGAWA Fumio

運転して楽しいセダン

待たれていたレクサス「LS500」にようやく公道試乗することができた。もちろん先代から大きく進化しているし、先行発売されているハイブリッドの「LS500h」とも違う魅力がある。

レクサス LSというと後席も重要なラグジュリアスなセダンというイメージだろうか。しかし新しいLSは明らかに運転を楽しむクルマに仕上がっている。

s_023_lexus_LS500

Lexus LS500 EXECUTIVE

s_037_lexus_LS500

とりわけ3.5リッターV6エンジンのガソリン仕様LS500はスポーティだ。ハイブリッド版のLS500hもパワフルだが、スポーツ性には感覚も大事だとすると、胸のすくような回転マナーを持つLS500はよりピュアだ。

2017年10月に発売されて、年内にクローズドの環境でステアリングホイールを握ったことのあるLS500。今回は公道試乗だったが、1カ月のあいだに印象がさらによくなったのは、ドライブ環境が変わったからだけだろうか。

僕が最初乗ったのはEXECUTIVEというぜいたくな後席(リクライニング機能とか)を持つモデルだった。後席に座っているとややゴツゴツした感じがあるのだが、運転席に乗るとぱちっと眼がさめる。