レクサスのフラッグシップセダン新型「LS」発売|Lexus

レクサスのフラッグシップセダン新型「LS」発売|Lexus

CAR NEWS

Lexus LS|レクサス LS

レクサスのフラッグシップセダン新型「LS」発売

レクサスは、フルモデルチェンジし5代目となったフラッグシップセダン「LS」を発表。10月19日から販売を開始した。

Text & Photographs by HARA Akira

クーペシルエット、エモーショナルな走り、先進技術を携えたレクサスの象徴

1989年に発売された初代「LS」(日本ではトヨタ「セルシオ」)は、優れた走りと、圧倒的な静粛性という相反する要素を妥協なく両立し、それまでの高級車の概念を覆すエポックメーキングなクルマを目指して開発され、実際に高い評価を受けた。そのDNAを受け継ぎつつ5代目となった新型LSは、斬新なクーペシルエット、エモーショナルな走り、数々の先進技術を備えた、レクサスの象徴となるフラッグシップセダンとしてデビューした。

「欧米のブランドと同じことをしていては選んでもらえない」とこの日発表会に臨んだレクサス インターナショナルの澤良宏プレジデントの言葉通り、新型は「挑戦的で唯一無二なデザイン」「すっきり奥深い走り」「創造的な先進技術」「匠の技」という他者にない独自のポイントで高級車の概念を再定義し、満を持して販売を開始したと語った。

s_011_lexus_LS

Lexus LS 500h

s_005_lexus_LS

LEXUS INTERNATIONAL President 澤良宏氏(写真中央)

新型LSを担当した旭利夫チーフエンジニアによると、新型は「見た瞬間に引き込まれるクルマづくり。何者にも似ておらず、かつ風格を備えること。セダンやクーペというカテゴリーを超えた、唯一無二の迫力ある存在感を追求した」デザインを目指したという。

最新スポーツクーペ「LC」から採用が始まった低重心の“GA-L”プラットフォームを使用し、低く構えたスタイリングと大径タイヤによる力強い存在感、通常の4ドアセダンとは一線を画す6ライト キャビン デザイン、フロントからリアまで抜けるシャープな構成から前後フェンダーがダイナミックに突き出す造形などにより、フラッグシップセダンとしては異例ともいえるクーペシルエットを創出。さらにドアフレームとガラスの段差を少なくしたフラッシュ サーフェス ウインドウにより、なめらかで美しいボディラインを実現した。ボディサイズは1種類のみで、全長5,235×全幅1,900×全高1,450mmだ。