新型メルセデス・ベンツAクラスはMBUXという“新兵器”装備|Mercedes-Benz

新型メルセデス・ベンツAクラスはMBUXという“新兵器”装備|Mercedes-Benz

CAR FEATURES

Mercedes-Benz A Class|メルセデス・ベンツ A クラス

新型メルセデス・ベンツAクラスはMBUXという“新兵器”装備

今年2月、メルセデス・ベンツのコンパクトハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジを行った。外見こそAクラス登場以来の独特なレイアウトを捨て衝撃的なデビューを果たした先代からキープコンセプトだが、中身は果たしてどう変わっているのか。ジュネーブショーで実車を前にした小川フミオ氏がリポート。

Text by OGAWA Fumio

セグメントのベストを目指して

2018年2月にメルセデス・ベンツは「Aクラス」のフルモデルチェンジを行った。ライバルメーカーからも大注目されているモデルで、その理由は最新のインフォテイメントシステムにある。

2018年のジュネーブ自動車ショーでも、クルマの回りに人垣ができて、近づくのも難しかったメルセデス・ベンツの新型Aクラス。

「ヘイ、メルセデス」と呼びかけると車内の音声認識システムが働き、インフォテイメントや快適装備の操作は自動で行われる。

新型Aクラスに搭載されたのは、メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス(MBUX)と名づけられた最新のインフォテイメントシステムだ。

S_005_mb_Aclass
S_003_mb_Aclass

先代よりすっきりして、グローバルなテイストのスタイリングを与えられたAクラス。外観上の大きな特徴はフロントマスクにある。

薄いヘッドランプと大型グリルの組み合わせ。シャークノーズと同社が呼ぶ新型「CLS」のものと強い近似性を感じさせる。

「新型Aクラスはメルセデス・ベンツを変革する大きな役割をもっています」。ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長はそう語る。

その言葉が重みを持つのは、他のモデルレンジに先駆けて新しいデザインランゲージが採用されたことと、「どのモデルよりも進んだ」と開発者が説明するMBUX搭載ゆえだ。

S_021_mb_Aclass
S_029_mb_Aclass

「エントリーカーというものは私たちにとって存在しません。つねにセグメントごとのベストを追求することがモットーです」

僕がジュネーブ自動車ショー会場でインタビューした、ストラテジー&乗用車商品戦略およびプラニング担当、ウィルコ・アンドレアス・シュタルク氏はそう語った。

「ブランド全体を若返らせようという私たちの計画の一環」だと、ツェッチェ会長も述べている。