新型フェラーリ「ポルトフィーノ」がジャパンプレミア|Ferrari

新型フェラーリ「ポルトフィーノ」がジャパンプレミア|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari Portofino|フェラーリ ポルトフィーノ

新型フェラーリ「ポルトフィーノ」がジャパンプレミア

フェラーリジャパンは2月19日、都内で新型2+2コンバーチブル「ポルトフィーノ」を日本初公開した。「カリフォルニアT」の後継となるポルトフィーノは、2017年9月のフランクフルト国際モーターショーでワールドプレミアされたモデル。ラグジュアリー性、多用途性、快適な乗り心地の全てを兼ね備えた、フェラーリ史上最強を謳うオープンスポーツカーだ。

Text & Photographs by HARA Akira

イタリアで最も魅力的な港町の名に由来

フェラーリ「ポルトフィーノ」の特徴とイノベーションを紹介するため発表会に登壇したフェラーリのディーター・クネヒテル極東・中東エリア統括CEOは「このクルマが目指したのは、一切の妥協をしないということ」と強調し、「比類のないパフォーマンスと極上の居住性の両立。それに加えてドライビングエモーションまで実現したクルマは現在の市場に存在しません。この目的を達成するため、私たちは全てを刷新し、一から作り直す必要がありました」と説明した。

また、「フェラーリがこの新型車に命名した“ポルトフィーノ”は、イタリアで最も魅力的な港町の名に由来した」とコメント。

s_011_ferrali_portfino
s_053_ferrali_portfino

「そこはまさにドルチェビータ(スイートライフを愉しめる場所、の意)。慎ましやかで優雅さがあり、その点がまさにフェラーリ的といってよいでしょう。広い海に乗り出して海風に髪をなびかせている。それこそがポルトフィーノを走らせている時のドライビングエクスペリエンスです。そういった背景を感じながら名前の意味を味わっていただきたい」とした。

フロントに搭載する3.9リッターの90度V型8気筒ターボユニットは、2016年、17年のインターナショナル エンジンオブ ザ イヤーに選ばれた同タイプエンジンを改良したもの。アルミ合金ピストンや新形状のコンロッドなど新コンポーネントの採用とエンジン制御ソフトを見直し、前モデルから40psアップの最高出力600ps(441kW)/7,500pm、最大トルクは5Nmアップした760Nm/3,000-5,250rpmを実現した。

s_048_ferrali_portfino
s_051_ferrali_portfino

その結果、最高速度320km/h(カリフォルニアTは316km/h)、0-100km加速3.5秒(同3.6秒)を実現。フェラーリの特徴である1秒未満のスロットルレスポンスと、ゼロタイムラグの伝統も守られた。

使用状況によって4種類が選べるエグゾーストサウンドも、オープントップ走行が堪能できるようなCavallino Rampante(跳ね馬)エンジンとしてのチューニングが施されたという。こうした改良とともに、選択したギアによって伝達トルクを調整する独自開発のバリアブルブーストマネジメントとの組み合わせにより、7段の全ギアで先代モデルを上回る加速性能を得るとともに、燃料消費率10.5ℓ/100kmを維持。CO2排出量は5g/km軽減した245g/kmという高効率エンジンとなっている。