フェラーリが新型オープンモデル「ポルトフィーノ」を発表|Ferrari

フェラーリが新型オープンモデル「ポルトフィーノ」を発表|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari Portofino|フェラーリ ポルトフィーノ

フェラーリが新型オープンモデル「ポルトフィーノ」を発表

フェラーリは、9月のフランクフルト国際モーターショーでのワールドプレミアを予定している新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を発表した。

Text by OPENERS

600psのV8ターボ搭載、「カリフォルニアT」後継のオープンモデル

フェラーリがこの新型車に命名した「ポルトフィーノ」とは、イタリアで最も美しいとされる街の名に由来する。絵のような美しい港を持つポルトフィーノは、優雅さ、軽快さ、抑制のとれた華やかさの代名詞として世界中に知られた高級リゾート地で、スポーツ性とエレガンス、快適な乗り心地を実現したフェラーリの新型V8 GTカーの名前にふさわしいものと判断されたのだ。

ブランニューとなる「ポルトフィーノ」は、600psの最高出力、0-100km加速3.5秒、リトラクタブル ハードトップ(RHT)、広いトランク、ゆとりあるドライバースシートと小旅行に適した2つのリアシートを備えた2+2コックピットなど、数々のアドバンテージを持つ強力なコンバーチブルなのだ。

s_Ferrari-Portofino_003
s_Ferrari-Portofino_004

フロントに搭載する3,855ccの新設計V型8気筒ターボユニットは、2016年、2017年のインターナショナル エンジン オブ ザ イヤーに選出された同タイプエンジンをベースに、新コンポーネントの採用とエンジン制御ソフトの見直しを行い、前モデルの「カリフォルニアT」から40psアップの最高出力600ps(441kW)/7,500pm、最大トルクは5 Nmアップした760Nm/3,000-5,250rpmを実現した。

公表されたパフォーマンスは、最高速度が320km/h以上(カリフォルニアTは316km/h)、0-100km加速は3.5秒(同3.6秒)というデータである。

V8エンジンの改良の詳細は、新型ピストンとコンロッドの導入、インテークシステムの設計の見直し、新設計の一体成型鋳造エグゾースト ヘッダーの導入などで、特に後者はロスを低減し、フェラーリの特徴であるゼロ タイムラグの達成に大きく貢献したという。エグゾースト サウンドも、オープントップ走行が堪能できるようなチューニングが施された。

こうした改良と、選択したギアによって伝達トルクを調整するバリアブル ブースト マネジメントとの組み合わせにより、全ギアで先代モデルを上回る加速性能を得るとともに、燃料消費率10.5ℓ/100km(およそ9.5km/ℓ)を維持、CO2排出量は5g/km軽減した245g/kmという高効率エンジンとなったのだ。