木村朗子と山本昌男、二人の写真家がつむぐ「うちなる光」|ART

ART|木村朗子と山本昌男、二人の写真家がつむぐ「うちなる光」

ART TOKYO Tips

evam eva yamanashi|エヴァムエヴァ ヤマナシ

木村朗子と山本昌男、二人の写真家がつむぐ「うちなる光」

見て心地良く、触れて気持ち良い、そんな普段着のニットを展開するブランド「evam eva」。旗艦店「evam eva yamanashi」内のギャラリースペース「形」にて、木村朗子と山本昌男の写真展「うちなる光 ‒stillness‒」が開催される。

Text by WAKABAYASHI Satsuki

会期中は詩人・白井明大のお話会や音楽家・Takuji(青柳拓次)のライブも

写真家・木村朗子は1971年生まれ。会社員の傍ら写真製作を続け、2015年に写真家として独立。人間の手が及ばない自然の圧倒的な美しさを捉えた彼女の写真は、見る者に自然と一体感を味わうような感覚を呼び起こす。一方、写真家・山本昌男は1957年生まれ。16歳より写真を撮り始め、主にゼラチンシルバープリントによる作品を発表。日本人ならではの感性と美意識で国内外から高い評価を得ている。両者の親交は2000年からはじまり、互いの感性に共鳴し影響しあって来た二人が、ついに写真展という形で相見えることとなった。

「evam eva yamanashi」は、山梨県中央市に2017年3月にオープン。衣・ 食・住をコンセプトに静かで美しい世界観を提案している。本展会場となるのは同店のギャラリー スペース「形」。会期を前期と後期に分け、展示内容も変えるとのこと。冬の澄んだ空気が、写真から放たれる光をいっそう際立たせることだろう。

会期中には関連イベントとして、詩人・白井明大のお話会や、音楽家・Takuji(青柳拓次)のライブも開催予定。

evam-eva-yamanashi_002

木村朗子
1971年 茨城県日立市生まれ。小学生の時に父のカメラを使い撮影を始める。立教大学社会学部を卒業後、会社勤務の傍 ら写真制作を開始。横浜市在住。

http://roof-8.com

山本昌男
1957年 愛知県生まれ。16歳より写真を撮り始め、絵画の勉強を経たのち、写真技法(主にゼラチンシルバープリント) による作品発表にいたる。94年からアメリカ市場での発表が続き、96年Yancey Richardson Gallery, ニューヨークでの 個展開催。06年よりヨーロッパに於いても活発な展示活動を開始。欧米日本のみならず、モスクワ、サンパウロでも展 示開催。NYタイムス他アート雑誌などのメディアにも多数掲載。2017年のParis Photo(写真見本市)では、KARL LAGERFELDチョイスやJ.P. MORGENカタログに採用されるなど、その注目度は高まっている。山梨県の八ヶ岳南麓に在住し、自然に囲まれた環境にて制作活動を続けている。

http://www.yamamotomasao.jp/

木村朗子と山本昌男の写真展「うちなる光 ‒stillness‒」
会期|2018年1月26日(金)~3月5日(月) 前期_1月26日(金)~2月13日(火)、後期_2月15日(木)~3月5日(月)
会場|evam eva yamanashi「形」
営業時間|11:00~19:00
定休日|毎週水曜日
住所|〒400-1512 山梨県中央市関原885
電話|055-267-8341
入場料|無料
URL|http://evameva-yamanashi.com/

展示期間中関連イベント
2月3日(土) 14:00~ 詩人・白井明大によるお話会
3月4日(日) 14:00~ Takuji ライブ