安全装備を強化するなど、レクサスRCとRC Fを一部改良|Lexus

安全装備を強化するなど、レクサスRCとRC Fを一部改良|Lexus

RC350 "version L"

CAR NEWS

Lexus RC|レクサス RC

Lexus RC F|レクサス RC F

安全装備を強化するなど、レクサスRCとRC Fを一部改良

レクサスは11月30日(木)、スポーツクーペ「RC」とハイパフォーマンスモデルの「RC F」を一部改良し、発表した。またRCに特別仕様車「Fスポーツ プライム ブラック」を設定。2018年2月1日(木)に発売する。

Text by YANAKA Tomomi

新エンジンで燃費も向上

2014年に誕生したレクサスのクーペモデル「RC」と「RC F」。今回の一部改良では、安全装備を強化したほか、「RC350」の3.5リッターエンジンに燃費の向上が図られた。

安全装備では、予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム +」を標準設定。歩行者検知機能付きの衝突回避支援タイプ「プリクラッシュ セーフティー」や、車線逸脱による事故の防止に貢献する「レーン ディパーチャー アラート」、「オートマチック ハイビーム」、ブレーキ制御付きの「レーダー クルーズ コントロール」などが盛り込まれ、安全運転支援を強化した。

s_011_lexus_rc_f

Lexus RC F

s_013_lexus_rc_f

またナビディスプレイを10.3インチに拡大し、利便性を向上。ドライブモード セレクトでは「CUSTOM」モードを新たに追加し、パワートレーンや、シャシー、空調の各制御の組み合わせを自由に選択できるようになった。ドライバーの嗜好に応じた走りを実現したとレクサスでは謳う。

RCでは「RC350」に3.5リッターの新エンジン「2GR-FKS」を採用。最高出力234kW(318ps)、最大トルク380Nm(38.7kgm)など、スペックはそのままに燃費を向上させた。また「GS」や「NX」にあわせて、同2.0リッターターボエンジンの「RC200t」の名称が「RC300」に変更されている。