レクサス「NX」がマイナーチェンジ|Lexus

レクサス「NX」がマイナーチェンジ|Lexus

CAR NEWS

Lexus NX|レクサス NX

レクサス「NX」がマイナーチェンジ

レクサスは、コンパクトSUVの「NX」をマイナーチェンジし、9月14日から販売を開始した。

Text by OPENERS

デザイン、走り、安全性をアップ

2014年に登場した「NX」は、「RX」とともにレクサスの中核モデルとして販売を牽引してきたモデル。世界中で若年層を中心に人気だという。今年4月に行われた上海モーターショーでマイナーチェンジモデルを発表し、デザイン、走り、安全面の強化をアピールした。

そのマイナーチェンジされたNXが日本でも販売が開始された。新モデルのエクステリアでは、よりシャープな形状のLEDヘッドライトと低重心な造形のバンパーに変更。スピンドルグリルは上級モデルの「LX」「RX」と共通のレイヤー状のデザインになった。スポーティモデルの“Fスポーツ”では、グリルメッシュとサイドガーニッシュを新しいFメッシュパターンとした。

s_009_lexus_nx
s_012_lexus_nx

リアエンドは、新デザインのコンビネーションランプと視認性の高いシーケンシャル ターン シグナルランプで立体的かつ先進性を表現したほか、リアハッチにハンズフリーで開閉可能なキックオープン式パワーバックドアを採用。また、新デザインの18インチアルミホイールには、電着塗装によるブロンズカラーの個性的なものを設定した。

インテリアは、カラー ヘッドアップ ディスプレー(オプション)や一体化したメーターフード、スイッチ配置を変更したセンター クラスターで質感をアップし、10.3インチに大型化したナビゲーション ディスプレーやリモートタッチ式大型タッチパッドで操作性を向上した。