マセラティ2018年モデルを発表|Maserati

マセラティ2018年モデルを発表|Maserati

CAR NEWS

Maserati Ghibli|マセラティ ギブリ

Maserati Levante|マセラティ レヴァンテ

Maserati Quattroporte|マセラティ クアトロポルテ

マセラティ2018年モデルを発表

マセラティ ジャパンは先日発表した「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」に続き、「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」の2018年モデルを発表した。

Text & Photographs by UCHIDA ShunichiPhotographs by UCHIDA Chizuko

新たなトリムラインを導入

マセラティの3車種が2018年モデルにアップデートされ一挙同時に披露された。

今回発表された3モデルに共通しているポイントは3つある。ひとつは「グランルッソ」と「グランスポーツ」という2種類のトリムオプションが設定されたこと(クアトロポルテには既に設定済)。次に先進運転支援システム「ADAS」が2に進化し、それに伴い電動パワーステアリングを採用。最後はソフトクローズドア(オートクロージャ—)が装備されたことである。

グランルッソはマセラティのラグジュアリー性をより強調したもの。グランスポーツはその名の通り、スポーティイメージをより強調したものである。これらトリムオプションとは別に、通常の標準仕様も設定されており、合計で3つの仕様が選べることになる。

s_06_maserati-ghibli-granrosso_001

Maserati Ghibli GranLusso

s_19_maserati-ghibli-gransport_003

Maserati Ghibli GranSport

ギブリ──2つのトリムオプションとADAS2により、さらに進化

今回最も変更が大きかったのは4ドアサルーンの「ギブリ」だ。2つのトリムオプションを採用するにあたり、フロント及びリアバンパー形状が変更された。これによりCd値が0.31から0.29へ改善され、同時に燃費も向上している。

そのトリムオプションのひとつ、グランスポーツでは、よりスポーティな印象を与えるため、グリルがブラックとなり、またバンパー形状が変更されている。さらに、リアコンビネーションランプも変更されたほか、フロントフェンダー下の部分にグランスポーツのロゴが配された。

インテリアでは、スポーツシート、スポーツペダル、パドルシフトを備えたスポーツステアリングを採用し、よりスポーティな印象をより強めている。

s_21_maserati-ghibli-gransport_005

Maserati Ghibli GranSport

一方グランルッソのフロントグリルはクロームが配されるほか、フロントバンパー形状が変更され、よりエレガントなデザインとなっている。そして、サイドは同じようにグランルッソのバッジを装備。テールランプの形状はグランスポーツと同様に新しいデザインが採用された。

インテリアでは「クアトロポルテ」と同様に、エルメネジルド ゼニアとのコラボレーションで誕生したシルクとレザーのコンビネーションのシートが標準装備となっているほか、ウッドトリム、ハーマンカードンのプレミアムサウンドシステムなどを搭載し、マセラティが持つエレガントさをさらに強調する仕様となっている。