ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー|Porsche

ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏インタビュー|Porsche

CAR FEATURES

Porsche|ポルシェ

ポルシェAGエクステリアデザイナー

山下周一氏インタビュー

ポルシェのDNAを引き継ぎながらデザインするという仕事

「進化と挑戦。未来のスポーツカーへのロードマップ」というテーマのもと、ジャパンプレミアされた「パナメーラ スポーツツーリスモ」。そのエクステリアデザインを担当したのは、日本人だった。そのポルシェA.G. エクステリアデザイナー、山下氏へインタビューを敢行した。

Photographs by ARAKAWA Masayuki & Porshce A.G.Interview & Text by HARA Akira

苦労したのはリア

東京モーターショー2017で日本初公開されたポルシェの「パナメーラ スポーツツーリスモ」。パナメーラ サルーンのリアシートと荷室を拡大したシューティングブレークバージョンで、ポルシェラグジュアリーの新しい提案だ。

このクルマのエクステリアデザインを担当したのは、実は日本人の山下周一氏だ。現在はポルシェのヴァイザッハ研究開発センターに在籍しており、今回の東京モーターショーのために帰国した。多数の報道陣が参加したプレスカンファレンスを終えた直後、久しぶりの日本をエンジョイしているという山下氏にお話を伺った。

s_008_porsche_interview

プレスカンファレンスの様子

s_003_porsche_interview

ポルシェAGエクステリアデザイナー 山下周一氏

――まずポルシェとはどんな会社なのでしょうか

メルセデス・ベンツとサーブで仕事をした後、2006年からポルシェでエクステリアデザインを担当しています。ポルシェは、何と言ってもデザインに対して経営陣の要求が非常に厳しい、という点がほかと違うところです。特にトップレベルの人間からデザイナーまでが一同に会する経営会議においては、ボディの細かなライン一つについても議論が行われ、そこでダメ出しされることもあるのです。

――山下氏がエクステリアデザインを担当し、東京モーターショーで日本初公開した新しいパナメーラ スポーツツーリスモのデザインについて教えてください

“誰がどこからみてもポルシェとわかる”“スポーツカーに見える”というポルシェのDNAを引き継ぎました。そのためフロント部は、「911」を想起させる中央のシャープなV字型ボンネットとその左右に盛り上がったフェンダー、WEC(世界耐久選手権)に出場するレーシングカー「919ハイブリッド」をイメージした4ポイントヘッドライトを採用しました。

s_013_porsche_interview

Porsche Panamera Turbo S e-Hybrid Sport Turismo

s_011_porsche_interview

今回非常に苦労したのはリアの部分で、拡大したインテリアスペース(5名乗車)をキープしつつ、スポーツカーのように後方に絞り込まれたラインとワイドなリアフェンダーを描き出すため、長い時間をかけて悩みました。また空力性能を高めながら流麗なルーフラインとするための解決策として、格納式のアクティブリアスポイラーを採用しました。このクルマが「ワゴン」ではなく「スポーツツーリスモ」であることを意識しているのですが、いかがでしょうか?